自動車保険の基本「任意保険」と「自賠責保険」の違い

自動車保険を理解するには「任意保険」と「自賠責保険」の違いを理解することから始めましょう。


自賠責保険

まず、車を登録したり車検を受けたりするときに必要になるのが、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の証明書です。自賠責保険とは、「交通事故の被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償を受けられるように」と国が始めた保険制度です。公道を走るすべての車やバイクに加入が義務づけられています。

自賠責による補償内容

自賠責保険の賠償金の最高限度は1事故1人につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円です。1回の事故で何人もの被害者が出た場合は、それぞれの被害者に対してこの限度額まで支払われ、保険期間中なら何回事故を起こしても保険金が支払われます。

また、加害車両が2台以上のケースでは、それぞれの自賠責に保険請求ができるので、補償の限度額は加害車両の台数をかけた額になります。これを「共同不法行為」といいます。歩行者が車にはねられた後に、反対側から走ってきた車にもひかれてさらにケガを負ってしまったとき、双方の車に過失があったとすれば共同不法行為となります。

しかし、最近の判例では、自賠責の限度額をはるかに超える高額な損害賠償額が次々に認められています。また、被害者が集中治療室に運び込まれるような重傷を負った場合には、1日分の治療費だけで自賠責の傷害の限度額である120万円を簡単に超えてしまいます。

そこでドライバーは、自賠責保険の不足分を補ってくれる上乗せの自動車保険を任意でかけなける必要があります。

自賠責では車の修理代は補償されない

自賠責保険は「対人保険」です。保険の支払いができるのは「人」に対する損害に限られます。つまり、車やガードレールといった「物」に対する損害や車の修理に対する損害は自賠責の対象外です。そこで「任意保険」による補償が必要となります。

任意の自動車保険とは

任意の自動車保険には4つの保険の種類があります。

1. 賠償保険

保険の種類:対人賠償保険、対物賠償保険
保険の対象:事故の相手
他人にけがをさせたり、他人の車や物を壊してしまったときに出る保険。

2. 傷害保険

保険の種類:人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、自損事故保険
保険の対象:自分自身
自分や家族がけがをしたとき、事故の過失割合に関係なく出る保険。

3. 車両保険

保険の種類:所領保険
保険の対象:自分自身
事故や盗難で車が損害を受けたときに出る保険。

4. 各種特約

弁護士費用特約やレッカー、緊急修理費用、医療相談サービスなどさまざまな特約があります。

任意保険の加入は必須ではありませんが、基本的には入ることをおすすめします。次は、対人賠償保険について紹介します。

次の記事

「対人賠償保険は必ず「無制限」にしよう!」

    
コメント