自動車保険の等級制度からわかる! 保険料を安くコツは「無事故を続ける」こと!

自動車保険には等級制度があります。この等級システムは「事故」による等級が変化します。では、保険料を安くするにはどうすればよいのでしょうか?


自動車保険の等級制度とは

自動車保険は、無事故を続けてさえいれば、保険料は安くなります。任意の自動車保険は「メリット・デメリット料率」という方式をとっていて、無事故を続ける優良ドライバーは毎年保険料をどんどん安くします。その一方で、事故を起こして保険を使ったドライバーは保険料を高くする「ノンフリート等級別料率」というシステムを導入しているからです。

等級や割引率は会社によって異なりますが、等級は1等級から20等級まであり、新規加入の1年目は、6等級からスタートします。等級が上がるにつれて割引率がアップし、等級が下がるにつれて割増率がアップします。

自動車の任意保険では、無事故を続けると1年で1等級ずつランクが上がり、「保険料が安くなる」のです。しかし、事故で保険を使った場合は、1年に1等級ではなく、3等級もダウンし保険料が高くなってしまいます。

無事故を続けることが保険を安くするコツ

そのため、保険料を安くするには、とにかく事故を起こさずに「無事故を続ける」ことが大切です。

等級プロテクト特約も

ただし、損保会社によっては、保険を使っても1回だけなら等級がダウンしない「等級プロテクト特約」もあります。その代わり保険料は高くなるのでご注意を。

軽い物損事故なら保険は使わない

保険料を安くするには無事故を続けて等級をアップさせること以外に方法はありません。ところが、事故で保険を使った場合は、一気に3等級もダウンしてしまいます。金額が1億円を超える大きな事故でも、1万円の小さな事故でも3等級のダウンです。

ただし、等級ダウンは、あくまでも「保険を使ったとき」のみです。搭乗者保険や人身傷害補償保険だけを使う場合などは、ノーカウントとなり、事故件数としてはカウントされません。

支払い保険金5000万円なら3等級ダウンでも保険は使いますが、10万円程度の保険金を受け取るために保険を使い、3等級もダウンさせるべきでしょうか?

軽い事故で損害額が少ないときに、わずか3万円程度の保険を請求して翌年3等級ダウンすることを考えれば、その分自腹を切ってでも1等級アップさせておいたほうが安くなるケースもあります。

いくらまでなら自腹を切ったほうがいいのか、保険会社に試算してもらうこともできます。また、保険を使っても、1回だけなら等級をダウンしない「等級プロテクト特約」もあります。

等級制度を理解してしっかり自動車の保険料を抑えるようにしましょう。

自動車保険の見直しはこちらから!

次の記事

「自動車保険の更新は「乗り換え」が基本」

前の記事

「「インターネット」と「一括支払い」」

    
コメント