自動車保険の更新は「乗り換え」が基本! 満期2ヶ月前からの見積もりが自動車保険を安くする!

自動車保険の更新面倒くさいから同じ会社で更新をしていませんか? 実は、自動車保険は「乗り換え」を考えたほうが保険料が安くなるケースが多いのです。


自動車保険は乗り換えが基本

自動車保険の見直しは、他社への乗り換えを基本に考えることが、保険料節約の点でとても大切です。自動車保険の保障内容は同じですが、保険料は各社で異なるからです。

現在の自動車保険の多くは、リスク細分型といって、年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、地域、自動車の種別、保有台数などの尺度で、事故を起こしにくいドライバーを各社判断して保険料を決めるからです。

そのため、同じ「免許証」を判断基準にしていたとしても、割引が100円の会社もあれば、1000円の会社もあります。つまり、自分がどこの保険会社で保険料が安くなるかは、実際に相見積もりを取らないとわからないのです。

自動車保険の見直しは2ヶ月前から始めよう

「今年は自動車保険を見直そう」と思ったら、満期日の2カ月前には動きはじめるのがおすすめです。これより前のタイミングだと、資料請求だけで保険料の見積もりは出してくれない会社が多いからです。

この時期から動けば、更新後の保険料試算をしてくれるので、乗り換え先の保険会社も選びやすくなります。保険料見積もりサイトを活用すると、複数社分まとめて試算できて便利です。

見積もりサイトはたくさんありますが、複数のサイトから資料請求をし、実際どれくらいの保険料になるか確認してみてはいかがでしょうか?

自動車保険の見直しはこちらから!

次の記事

「自動車保険の契約前にチェックしたい契約内容10のポイント」

前の記事

「自動車保険の等級制度からわかる保険料を安くコツ」

    
コメント