なぜ、交通事故に強い弁護士は少ないか

交通事故は日常頻繁に起きているので、交通事案は弁護士なら誰でもそつなくこなせるはずと被害者の多くは考えますが、実際はちがいます。


なぜ交通弁護士は少ないか

交通事故は知的財産権などと同様、特殊な法律分野です。弁護士になる前の研修期間でも、たまたま実務修習先でこの分野の事件を扱えば別ですか、そうでない限り勉強しません。もっと基本的な実務で学習しなければならないことが修習生には山積しているため、とても特殊分野にまでは手が回らないのです。

それに加えて、交通事案には、自動車保険という大きな壁があります。保険の仕組み、損保のスタンス、思惑、内情といったことは、損保側の代理人を長年務めた経験がないとわからないのです。

しかも、そういった経験は出版物に書かれていないため、どんなにたくさんの本を読んで学習しようとしても、内部事情にまでは理解が及ばないのです。

これが数ある法律事件の中でも、交通事故を特殊化している原因です。交通事案を専門とする交通弁護士が少ないのも、単に法律だけにとどまらず、自動車保険の仕組み、さらには損保の内部事情にまで精通しなければならないということが背景にあるからです。

「自動車保険金は出ないのがフツー(加茂隆康)」の詳細を調べる

    
コメント