対人賠償保険は必ず「無制限」にしよう!

自動車保険の中でも最も重要なのが「対人賠償保険」です。自動車事故による賠償金は非常に高額となるため、保障額は必ず「無制限」にしましょう。


対人賠償保険は必ず「無制限」

任意保険の「対人賠償保険」は、自動車事故によって歩行者、同乗者、または他の車に乗っている「他人」を死亡、負傷させて法律上の損害賠償責任を負った場合、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について保険金が支払われる保険です。

こんな高額賠償の可能性も!

過去の対人高額賠償判決例をみてみると、

38,281万円(29歳の男性、会社員、後遺障害)
35,978万円(25歳の男性、会社員、後遺障害)
33,678万円(17歳の男性、学生、後遺障害)
29,737万円(40歳の男性、会社員後遺障害)

このように1億円を超える高額判例がたくさん出ています。対人保険は万一に備え、必ず「無制限」で契約しておきましょう。対人保険は節約する項目ではありません。必ず「無制限」というキーワードを忘れないようにしましょう。

次は、対物保険について紹介します。

次の記事

「1億を超える高額なケースも!? 対物保険も「無制限」が基本!」

前の記事

「自動車保険の基本「任意保険」と「自賠責保険」の違い」

    
コメント