過失に関係なく保証してくれる「搭乗者傷害保険」

「搭乗者傷害保険」は、自動車事故によって契約している車に乗っている「搭乗者」が死傷した場合過失に関係なく支払われる傷害保険です。


搭乗者傷害保険

「搭乗者傷害保険」は「急激かつ偶然な外来の事故」であれば、過失割合や他の保険からの給付、事故相手からの賠償金などにかかわらず保険金が支払われることになっています。死亡時の限度額は「1人につき1000万円」で契約するパターンが一般的です。

搭乗者傷害保険の内容

搭乗者傷害保険の内容は、「死亡保険金」「後遺障害保険金」「重度後遺障害保険金」「医療保険金」などに分けられます。

死亡保険金

「死亡保険金」は、事故発生から180日以内に、そのケガを直接の要因として死亡した場合、1人につき保険金額の全額が支払われます。1000万円の搭乗者保険をかけていた車の事故で死亡した場合は1000万円の保険金が支払われます。

後遺障害保険金

「後遺障害保険金」は事故のケガがもとで、事故から180日以内に後遺障害が認められた場合に、その障害の程度によって保険金額の4~100%が支払われます。

医療保険金

「医療保険金」はケガの治療のために入院、通院した場合に支払われるものです。従来は「日数払い」という方式で、1日につき

入院の場合:保険金額の0.15%(1000万円の場合、1日15,000円)
通院の場合:保険金額の0.1%(1000万円の場合、1日10,000円)

が支払われる制度が主流でしたが、「日数払い」は損保会社にとって赤字商品になってしまったため保険金の支払い額がより少なくなる「部位・症状別払い」や「定額払い」といった支払い方法が増えています。ムチ打ちは5万円、頭部の骨折は100万円といったようにあらかじめ決められた保険金額が支払われます。外資系の保険会社が多く採用しています。

搭乗者の補償範囲

この保険で補償される「搭乗者」とは、「正規乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の人」のことを指します。例えばトラックの荷台に乗っている人、暴走族が窓から身を乗り出しているときに起こした事故などは、保険金支払いの対象外になります。飲酒運転ももちろん補償されません。

次は、人身傷害補償保険について紹介します。

次の記事

「完全保証の保険!? 人身傷害補償保険」

前の記事

「保険料の節約にもつながる「車両危険」の基本知識」

    
コメント