完全保証の保険!? 人身傷害補償保険

「人身傷害補償保険」とは、自動車事故によって契約車に乗っている人が死傷した場合に、過失割合にかかわらず治療費、休業補償、慰謝料などの損害が契約した保険金額を限度に補償される保険です。


完全保証してくれる保険

自動車保険の自由化以降、「人身傷害補償保険」をセットにした新商品を完全補償タイプとして販売し始めました。この保険が出る前は、保険で埋めきれない部分がありました。交通事故でケガをしたり死亡しても、本人に過失がある場合は保険金がそのぶん過失相殺されてしまうからです。

たとえば、追突や信号無視、センターラインオーバーなど、一方的に事故を起こして死傷した場合、そのドライバーの過失は基本的に100%と判断されるため、相手の車の自賠責からはもちろん、その上乗せとなる任意保険からも保険金がいっさい支払われません。相手に過失がないということは、損害を賠償する義務もなく、結果的に自爆事故と同じ扱いになってしまいます。

また、交通事故で重症になり、1000万円の損害が出た時に、自分の過失と相手の過失が5割だった場合、相手の保険からは自分の過失分5割が相殺された500万円だけ支払われます。

「完全補償タイプ」と呼ばれる「人身傷害補償保険」は、このような事故の損害もすべて補償してくれる保険なのです。

人身傷害補償保険は補償範囲が広い

人身傷害補償保険は、契約者とその家族が歩行中やほかの車に乗っていて死傷した場合でも補償される商品が一般的です。

人身傷害補償保険を活用した保険節約術

家族で車が1台しかない場合は、契約者とその家族が歩行中やほかの車に乗っていて死傷した場合でも補償されるタイプで契約しておくと安心です。また、この人身傷害補償保険を活用した保険節約術があります。一家に複数台の車がある場合、人身傷害補償保険をつけている以外の車は、「契約車に乗車中のみ補償」という限定タイプを選びましょう。人身傷害補償保険をつけている車が「契約者とその家族」を保証してくれるからです。

次は、自己側の車が無保険だった場合に役立つ、無保険車傷害保険について説明します。

次の記事

「無保険の車は15%? 「無保険車傷害保険」の基本」

前の記事

「過失に関係なく保証してくれる「搭乗者傷害保険」」

    
コメント