単独で事故をしたときのための「自損保険事故」

自損保険事故は、相手がいない単独で起こした事故や、信号待ちで完全停車している車への事故、崖への転落など相手に過失が発生しない事故で最低限の補償をしてくれる保険です。


自損事故保険の補償内容

死亡保険金

1名につき1500万円

後遺障害保険金

1名につき50から2000万円

入院

1日につき6000円(入通院合わせて上限100万円)

通院

1日につき4000円(入通院合わせて上限100万円)

自損保険事故は「人」のみの補償

自損保険事故は、自損事故の車の損害は補償してくれません。死傷した「人」に対する補償となっています。勘違いしないようにしましょう。

自損事故保険は対人保険で自動的にセット

この保険は対人保険をかけると自動的にセットされます。無保険車傷害保険も対人保険に加入すると自動的にセットされます。

自損保険事故は、最低限の保証をしてくれる保険です。相手のいない事故や、相手に過失のない事故は思っている以上に事故件数は多いので、対人保険には必ず加入し、対人保険に入ると自動的にセットされる「自損事故保険」でもしもに備えましょう。

次は、他人の車を借りて事故したときに備える「ドライバー保険」について紹介します。

次の記事

「他人の車を借りて事故したときに備える「ドライバー保険」」

前の記事

「無保険の車は15%? 「無保険車傷害保険」の基本」

    
コメント