他人の車を借りて事故したときに備える「ドライバー保険」

「ドライバー保険」(正式名称:自動車運転者損害賠償責任保険)という保険を知っていますか? 自分の車を持っていない人が他人の車を借りて事故を起こしたときに備える保険です。


ドライバー保険の補償内容

補償内容は、

対人保険
対物保険
自損事故保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険

で、保険金額も自由な設定が可能です。保険料も普通の自動車保険に比べると割安で、無事故を続ければほかの保険と同様に無事故割引で安くなっていきます。自分の車を購入し、ドライバー保険から一般の自動車保険に切り替えたい場合は、最大30%割引で継続することもできます。

ドライバー保険の注意点

ただし、この保険は、あくまでも「他人の車両」を借りたときだけに効力を発揮します。家族名義の車や自分が役員をしている会社の車、あるいは他人名義であっても自分が毎日のように乗っている車に関しては、事故を起こしても保険金は支払われません。

ドライバー保険の対象範囲は広い

ドライバー保険は、普通の自動車保険と違い、対象となる車種は広く、自家用5車種、特殊用途自動車、二輪自動車、原付き、レンタカーも補償の対象となります。レンタカーの場合は、レンタカーについている保険が優先して支払われます。

友人の車を事故したらどうする?

ドライバー保険が役に立つ場面としてよくあるのが、ドライブの途中で運転を交代して大事故を起こした場合です。ドライブは気持ちいいのでちょっとだけなら運転を交代してもいいかなとちょっとした出来心が危険です。そして、賠償問題をめぐってオオモメするといったケースをよくみます。

自分の車がなく、よく友人の車を借りるという人は、もしものための「ドライバー保険」を検討しましょう。

次は、家族が原付きバイクを利用するときに役立つ「ファミリーバイク特約」について紹介します。

次の記事

「家族が原付きバイクを利用するときに役立つ「ファミリーバイク特約」」

前の記事

「単独で事故をしたときのための「自損保険事故」」

    
コメント