保険でよく見る「保障」「補償」「保証」の意味

保険を選んでいると、「ホショウ」という文字をよく目にしますよね。「保障」「補償」「保証」と3つの「ホショウ」パターンがあります。今回は、「保障」「補償」「保証」の意味の違いを紹介します。


損害保険は補償

損害保険では通常、こうむった損害を「補い(おぎない)償う(つぐなう)」という「補償」の字を使います。

生命保険は保障

生命保険では、一家の大黒柱が死亡したり、急な入院などで生きていく上で「差し障り(さしさわり)となることから保る(まもる)」ためのお金なので、「保障」を使います。

年金分野は保証

保険で「保証」が使われるのは、年金分野です。「大丈夫だという証(あかし)を保たせる」意味合なので、例えば「保証期間付終身年金」なら、保証期間中に被保険者本人が生きていても亡くなっても、その期間中の年金は必ず支払うということです。

文字が混在する保険も

「補償」と「保障」が混在するのが、第3分野と呼ばれる保険です。医療保険や傷害保険、介護保険などは、生保と損保の両方が扱っています。そのため、それぞれの保険会社の文化にしたがって、保険の説明では、生保は「保障」、損保は「補償」の字を用いるところが多いです。

だから、どちらの表現でも正解なのです。共済では、損保分野の内容でも「保障」を使う会社もあります。

こうした「保障」と「補償」の違いは、何も生命保険や損害保険だけに限られた概念ではありません。国の社会保障や労働者災害補償保険法などでも、その保険金の給付方法によって使い分けされています。

日本語とは面白いものですね。

「保険選びに役立つ本」の詳細を調べる

    
コメント