保険に入るメリット、デメリット

結婚や子供が生まれたので保険にそろそろ入らないとな…と思いますよね。でも、保険にはメリット、デメリットが存在します。本当に保険に入る必要があるのかどうかを考えてから加入するのがおすすめです。では、保険に入るメリット、デメリットを紹介します。


保険に入るメリット

保険に入ることのメリットは主に2つあります。

メリット1「まさかの事態に、預貯金だけでは不足する額をカバーできる」
メリット2「税制優遇による節税効果」

まさかの事態の保険は、お金持ちには不要

実は、お金持ちの人には保険は不要です。いざという事態には資産を取り崩せばいいので、あえて保険料というコストを払う必要はないからです。ただ、持っている資産を次の世代に残す相続対策の一環として、預貯金より保険は節税効果が高いことなどから、保険を活用するケースが多いだけなのです。保険を資産防衛に利用しているのです。

一般家庭なら、「まさかの事態」に備えて保険を活用します。資産があるほどメリット1の魅力は減っていきます。逆に言えば、保険料負担が重すぎてお金がためられないご家庭は、本末転倒なので要注意です。

保険で節税

「税制優遇による節税効果」については、まず、支払った保険料について所得控除の恩恵が受けられます。また、預貯金にした場合には、増えた分に対して通常20%分が所得税としてとられてしまうのですが、保険では支払った保険料よりも増えた満期返戻金等は一時所得扱いになるため、50万円以上増えていなければ事実上、非課税になります。

また、投資信託など他の金融商品で運用した場合であれば、運用益に対して通常10%または20%分の税金が差し引かれて再投資となりますが、個人年金保険などの運用益に対しては課税が繰り延べされるので、事実上の非課税になります。

また、死亡保険金については、一定額までは相続税が非課税になる恩恵があります。逆に、こうした恩恵を受けられないプランの保険はあまりメリットがないと言えます。

保険のデメリット

保険には、保険会社の破綻に弱いというデメリットがあります。銀行は破綻しても、元金1000万円とその利息は預金保険機構で保護されています。しかし、保険会社が破綻した場合には、最低でも1割がカットされます。最悪の場合、半分ぐらいになってしまうケースもあります。そのため、保険を選ぶ場合には、契約する保険会社の経営の健全性を調べることが必要です。

また、貯蓄に回すお金がその分だけ減って、お金がたまらないという悪循環に陥りがちになってしまうのが、保険のいちばんのデメリットです。必要なものに、必要な額だけ、最低限という姿勢が、保険と上手に付き合う上でとても大切です。

保険のメリット、デメリットを考えた上で、保険に入る必要があるのか検討するのがおすすめです。

「保険選びに役立つ本」の詳細を調べる

    
コメント