専業主婦に保険は必要ない? 妻への保険を考えるときのポイント

夫の保険を希望し、妻の保険は考えない人は多いのではないでしょうか? 収入のない専業主婦が亡くなっても、経済的に困らないので保険はいらないと考える人が多いからです。本当に、専業主婦に保険は必要ないのでしょうか?


専業主婦の金銭的価値

「収入がない」と「死亡しても家庭生活に金銭的な影響を与えない」はイコールではありません。

例えば、妻が亡くなって父子家庭になった場合、子どもは親元に預けて面倒を見てもらうケースが多いでしょう。親元と家が離れているケースで、子どもだけ親元の世話になることにして、夫は今の職場で働き続けるという選択をすれば、単身赴任と同じ状態となります。生活費が二重になり、出費が増えます。

また、夫も子どもも親元の世話になるという場合、親元と家が離れていれば、夫が転勤や転職をしなくてはいけないケースもあります。このように、親元がある家庭でも、妻の死亡によって、日々の暮らしで金銭的な損失が生じるのです。

妻に保険をかけなくていいケース

今の住まいと親元が比較的近所で、同居できるだけの広さがあるという場合は妻に保険をかける必要はないと考えてもよいでしょう。

親元に頼れず、今の家で父子の生活を継続するケースでは、たとえ子どもが小学生など自分で通学できる年齢になっていたとしても、想像以上に大変です。夕食の仕度が間に合う時間に夫が帰社するために職場転換を願い出るケースでは、当然その分だけ収入や昇進に影響が出ます。

その上、家計だけでなく、家事も大きな悩みとなっています。妻の死亡保障や医療保障は、普段は表面化しない作業を具体的にイメージして判断することが大切です。

このように、専業主婦でも保険は必要なケースがほとんどです。もしものときに備えましょう。

「「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本(竹下さくら)」の詳細を調べる

    
コメント