巨額賠償もありうる自転車事故! 自転車事故に役立つ保険の知識

エコブームで人気の自転車ですが、ぶつかりそうになった経験がある人も少なくないでしょう。自転車事故は、自動車事故にくらべて軽く見られがちですが、当たりどころによっては、損害賠償額が数千万円に及んだり、重過失致死傷罪になるケースもあります。今回は、もしものときに知っておきたい自転車事故に役立つ保険の知識を紹介します。


自転車事故の賠償金は高額

無灯火で携帯を見ながら自転車を運転中、人にぶつかり障害を負わせ賠償金5000万
自転車で歩行者に衝突し、脊髄損傷による心身麻痺を負わせて賠償金6000万

こうした自転車事故が、実際に起きています。刑事罰になる事例もあるほどです。自転車だからいいだろうと考えてしまいがちですが、このように高額な賠償金を請求されるケースもあるのです。

TSマークの保証

「TSマーク」のシールをつけている自転車を見かけますが、このTSシールには自転車事故に備える補償がついています。TSは「トラフィック・セーフティー」の略で、交通安全という意味です。

このTSマークは、財団法人日本交通管理技術協会が発行しています。協会認定の自転車安全整備士が点検して、安全と認めた自転車だけに貼られるシールで、第1種(青色)と第2種(赤色)があります(店によっては第1種(青色)のみの扱い)

第1種(青色)の補償は、死亡時30万円、15日以上の入院時1万円、賠償責任保険(対人)1000万円。第2種(赤色)の補償は、死亡時100万円、15日以上の入院時10万円、賠償責任保険(対人)2000万円。保険期間は1年なので、毎年1500円程度の整備点検費用を払ってTSマークを取得すれば、この補償を継続できます。

損害保険を検討

ただし、高額な賠償事例が出ていることや対物賠償がないことを考えると、この補償内容では不安な人もいるでしょう。事故を起こしてからでは遅いので、自衛策とするのであれば、損害保険の扱う保険を検討することをおすすめします。必要な補償を自分で考えて、選んで契約するのが合理的です。

特に備えておきたいのは、「自分のけがの補償」と「事故相手への賠償の補償」です。自分のけがの補償については、すでに医療保険に入っている方は入院や手術時のカバーがあります。

新規に入る場合、傷害保険なら補償をけがにしぼっているため、入院、手術だけでなく、通院、死亡、後遺障害時の補償がついて、医療保険よりも割安な保険料ながら大きい補償額を確保できます。

自転車事故は「もらい事故」のケースも多いため、被害にあったものの、加害者に損害賠償するだけの経済力がないというケースでは、泣き寝入りという事態もありえます。自転車事故に備えるなら、傷害保険の方が医療保険よりも補償内容が安心です。

また、自動車保険の人身傷害補償保険の中には、自動車に乗っていない際の自動車事故によるけが、つまり、歩行中や自転車乗車中の自動車事故によるけがの補償が含まれているものもあります。本人だけでなく家族も対象になるので、自動車との事故に関しては大きな支えになりえます。人身傷害補償保険に入っている人は、パンフレットや約款で確認しておきましょう。

なお、事故相手への賠償には、「個人賠償責任保険」の活用が鉄則です。住居の賃貸契約時の保険についているほか、一般に、火災保険や自動車保険、傷害保険に特約の形でつけられます。

ロードバイカーや自転車通勤をしている人は自転車事故についての保険を考えたほうが良いのではないでしょうか?

「「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本(竹下さくら)」の詳細を調べる

    
コメント