生命保険は入る必要なし? 無駄な出費を見直すなら保険から

あなたは生命保険に加入していますか?「病気になったら加入できなくなりますよ」だとか、知人から紹介されて入った、そしてその割には毎月いくら支払っているのかもわからないなんてことはありませんか。ネットで加入できる保険も登場している今、生命保険についてあらためて考えてみましょう。


■見直しのタイミングは「住宅購入」

生命保険の加入や見直しのタイミングは、就職や結婚などのライフイベントという説もありますが、合理的な理由があるのは「住宅購入」と言えるでしょう。なぜなら、住宅を購入すると、ほとんどの人が「団体信用生命保険」に加入することになります。この保険により、住宅ローンの契約者が死亡したり、大病にかかって働けなくなった場合、住宅ローンの全額返済に相当する保険金が支払われるので、家族の住居は確保できるのです。この保険に加入している分、これまでの生命保険の掛け金をもっと少なくする、あるいはやめるといった選択肢が生まれるからです。

■医療保険ならネットで比較・加入までできる時代に

医療保険はインターネット上で加入できる時代になりました。ライフネット生命やその他の大手生命保険会社もネット事業に参入し、営業に関わることをネットで行うことにより、これまでかかっていた人件費がかからなくなったので、その代わりに保険料の掛け金を安くするといったことが実現できたのです。この潮流により、ネットで医療保険を比較検討、加入する人も出ています。

毎月、あるいは一年ごとなど一定期間でまとめて保険料を支払っている人もいるかと思いますが、保険にいくらかかっているのかがすぐにピンとこない人は、あらためて保険について調べてみると、出費を抑えることができるかもしれません。

次の記事

「副業系募集人から生命保険を買ってはいけない理由!」

前の記事

「ライフネット生命岩瀬大輔に学ぶ「保険」に賢く加入するための7つのポイント」

参考本

「ネットで生保を売ろう!(岩瀬大輔)」

    
コメント