生命保険に入る前に、総額の保険料と支払えるかを考えよう!

生命保険に入る前に考えてもらいたいことがあります。それは総額の保険料と支払えるかどうかです。


総額の保険料を考えよう

まずは、生命保険に入ることで「どれくらいのお金を使うのか」を考えましょう。ほとんどの人は、長く続けるつもりで生命保険に入ります。長い期間で「総額いくら」の保険料を支払うことになるのかを計算してください。

たとえば、毎月の保険料が1万円だとすれば、1年間に12万円、30年だと360万円になります。ただし、この毎月の保険料が10年ごとに1.5倍になるとすると、総額は570万円。10年ごとに2倍になるとすると、総額は840万円になります。

したがって、保険料がずっと変わらないのか、たとえば10年ごとにだんだん上がっていくのか、上がっていくとしたらどれくらい上がるのか、この点も確認しておく必要があります。

いずれにしても、「1万円支払う」契約をするというのと、「570万円支払う」契約をする、あるいは「840万円支払う」契約をするというのでは、感じ方がかなり変わってきます。

もちろん、生命保険はいったん加入したからといって、ずっと保険料を払い続けなければならないものでもありません。いつでも自由にやめることができます。

しかし、せっかく生命保険に入るのであれば、長く続けられるものに入ったほうがいいでしょうし、途中でやめると損になるケースもあります。

ちゃんと支払えるか考えよう

支払う保険料の総額を把握したら、保険料を「ちゃんと支払えるかどうか」も検討しましょう。保険料を支払い続けることができないと、生命保険を途中でやめざるをえません。保障額の希望などもいろいろあるでしょうが、「保険料を支払い続けることができる生命保険」にしておくとよいでしょう。

セールスマンの話を鵜呑みにしない

生命保険会社のセールス担当者としては、できるだけ保障の額を大きくしたいので、なにかあったときの「リスクの大きさ」を強調しますが、本当にそんなにリスクが大きいのかも冷静に考えてみてください。

セールス担当者は、たとえば死亡したあとの収入の減少を「できるだけ生命保険でカバーしよう」「カバーするのが当然だ」という感じの話もします。しかし、なんでもかんでも生命保険でカバーする必要はありません。

セールス担当者と話をしていると、生命保険に入るのが「人生の最重要課題」で、生命保険に入らないと「人でなし」みたいな気持ちになってくるかもしれませんが、これは絶対に振り払いましょう。

世の中には「生命保険ではカバーできないリスク」がいろいろあります。「生命保険でなくてもカバーできるリスク」もたくさんあります。生命保険は、人生を送っていくうえでの単なる「道具のひとつ」くらいの気持ちで利用を考えるくらいがちょうどいいのです。

次の記事

「本当にお得? ネット生命保険のメリット、デメリット」

前の記事

「生命保険の掛け捨ては本当に損? 貯金型が人気の理由はメンタリズムだった!?」

参考本

「生命保険「入って得する人、損する人」(坂本 嘉輝)」

    
コメント