本当にお得? ネット生命保険のメリット、デメリット

ネット生保は、ネット上で保険手続きを行うため、窓口や営業マンの人件費がかからず安い保険料で生命保険に加入できます。多くの人がネット生保に切り替えを始めています。今回は、ネット生命保険のメリット、デメリットを紹介します。


ネット生保が安い理由

従来の対面型保険会社には様々な経費がかかります。リアル店舗、営業マン、代理店マージン、広告など様々な経費が付加保険料として保険料に加算されています。ネット生保は、リアル店舗を持つことなく、営業マンも基本的には持ちません。手続きを行うのはすべてネットです。そのため、リアル店舗、営業マンの家賃や人件費がかからず、その分だけ保険料を安くできます。

ネット生保のメリット「保険料が安い」

とにかく保険料が安い! これに限ると思います。

ネット生保のメリット「商品がシンプル」

ネット生保では、基本的に自分で考えて生命保険に加入します。そのため、保険商品がシンプルな補償内容になっています。安い保険料でシンプルな手厚い保障を選び、本当に必要な保険にだけ加入できます。

ネット生保のデメリット「審査がきびしい」

いくらネットで手続が簡単だからといってすぐに保険に加入できるわけではありません。ネット上ですべての判断をするため、従来の保険よりも審査がきびしくなります。また、特殊条件などをつけたら加入できるというようなケースバイケースに合わせた契約も基本的にはできません。

ネット生保のデメリット「最安値とは限らない」

ネットの保険だからといって、対面型の保険よりも必ず安いわけではありません。楷書により高い保険、安い保険があります。事前に価格を調べることが大切です。比較サイトも利用すると便利ですね!

ネット生保のデメリット「生命保険の理解が必要」

ネット生保は、自分で生命保険の知識を得ることが必要です。対面方式ではわからないことがあれば、質問できますが、ネット生保はホームページを見たり自分で保険の勉強をするしかありません。自分が生命保険を理解することもできますが、大切な情報を見逃してしまう場合もあります。ただし、これはデメリットでもありメリットにもなります。

ネット生保だから必ずしも安いというわけではありません。

次の記事

「保険病にかかってない? 最強の保険は貯金です!」

前の記事

「生命保険に入る前に、総額の保険料と支払えるかを考えよう!」

    
コメント