生命保険の「告知義務」と「告知義務違反」

生命保険や医療保険を契約する際に、絶対注意するポイントがあります。それが、「告知義務」です。告知を怠ると「告知義務違反」となり、保険契約を解除されてしまい、保険料も戻らず、保険金も受け取ることができません。


告知義務とは

生命保険を契約する際に、現在と過去の健康状態を保険会社に正しく伝えます。このことを「告知義務」と言います。

告知義務違反とは

もしも、告知内容と違う告知をすると「告知義務違反」となります、告知義務違反に該当した場合、保険会社から一方的に契約解除される可能性があります。保険料も戻ってこず、受け取れるはずだった保険金ももらえないという最悪のケースになります。

告知義務違反にならないために

告知義務違反にならないためには、意味もなく嘘をついたり、事実と違うことを告知書に記入するのは避けましょう。間違えて、事実と異なる健康状況を書いてしまってもアウトです。もしもの場合を避けるためにも、何をどう書いていいのかわからない場合は、保険会社の担当者や病院で確認を取るようにしましょう。

告知義務が必要な理由

なぜ、告知気味が必要なのでしょうか? 生命保険は、死亡率を元に保険料を計算します。健康状態が悪い人は死亡率が高いため、保険金を受け取る可能性が高くなります。すると、健康状態が悪い人がいるために、健康な人の保険料が高くなってしまいます。

そこで、健康な人は保険料を安く、不健康な人は、保険料を高くする、もしくは、保険に加入できないようにし。保険の平等性を維持しています。しかし、中にはテレビであるように保険金狙いで生命保険などに加入する人たちがいるため、告知義務が必要となっています。

生命保険に加入する場合は、必ず正しい健康状態を告知するようにしましょう!

次の記事

「2年経てば告知しなくても「告知義務違反」にならない? いいえ、告知義務違反になります!」

前の記事

「生命保険のプランで「松・竹・梅」と3つプランを用意する保険営業マンの狙いとは」

    
コメント