2年経てば告知しなくても「告知義務違反」にならない? いいえ、告知義務違反になります!

生命保険や医療保険を契約するには、現在と過去の健康状態を告知する義務があります。ここでよくある勘違いとして、2年間経てば過去の健康状態を告知していなくても、保険金が受け取れるというものです。これ、告知義務違反となってしまいます。


2年経過してもNG

生命保険文化センターでは、告知義務に関して以下のように説明しています。

「告知義務違反があった場合、責任開始日(復活の場合は復活日)から2年以内であれば、生命保険会社は契約を解除することができます。ただし、責任開始日から2年を経過していても、支払事由が2年以内に発生していた場合には、契約が解除されることがあります。」

そう、2年経過しても正しい告知義務を行っていないと契約が解除される可能性が出てきます。ばれなければOKと思っているかもしれませんが、治療の記録を見ればすぐバレます。闇病院なら別でしょうが…

このように、意図的に告知義務違反をした場合は、保険契約は無効となってしまいます。保険料は無駄になり、保険金も受け取ることもできず、何のために保険料を支払っていたのかわからなくなります。

健康状態が悪い人のための「無選択型」

もしも、告知をして保険の加入を断られた場合は、告知を必要としない「無選択型」生命保険があります。ただ、告知を必要としない分、死亡率が高くなっているため保険料は高くなっています。

生命保険では、告知に関する無茶をするのはやめましょう。まずは、正しく健康状態を告知するが大切です。

次の記事

「生命保険も契約8日以内ならクーリングオフできます!」

前の記事

「生命保険の「告知義務」と「告知義務違反」」

    
コメント