満期になると保険金が受け取れる養老保険

養老保険は、通常の生命保険と同じのように死亡もしくは高度障害状態になった場合は保険金を受け取ることができます。また、死亡することなく契約期間が無事終了すれば満期保険金を受け取ることができます。掛け捨てが嫌いで、貯金と保険両方の性質があるということが日本人に合ったため、人気の保険となりました。


養老保険とは

養老保険は、満期まで無事に生きていた場合に満期保険金を受け取ることができます。保険期間中に死亡もしくは高度障害状態になった場合には、満期保険金と同額の死亡保険金を受け取ることができます。ただし、受け取る保険金額は定期保険に比べるとかなり少なくなります。

保険料は掛け捨てにならない

養老保険は、死亡や高度障害状態にならない場合でも、満期保険金を受け取ることができるため、保険料が掛け捨てにはなりません。そのため、養老保険は、「貯金+保険」の性質を持った保険です。

養老保険の保険料

養老保険は、保険会社からすると死亡した場合にも保険金を支払い、満期を迎えた場合には、満期保険金を支払う必要があるため、保険料はその分高くなります。

養老保険のメリット

養老保険は、貯蓄性と死亡保障をカバーできることがメリットです。10年で500万円の満期保険金が支払われる養老保険に加入していれば、加入してたった1年で死亡してしまった場合でも、死亡保険金として500万円が支払われます。通常の貯金であれば、50万円だけです。

解約返戻率が高いのも養老保険のメリットです。払い込んだ保険料に近い金額を受け取ることができます。ただし、短期間で解約すると、解約返戻金は少なくなります。

このように、養老保険は損をしにくい商品となっています。貯金目的でも使え、万が一の場合には支払った保険料よりも多い保険金を受け取ることができます。

養老保険のデメリット

このようにメリットだらけに見えますが、養老保険はとにかく保険料が高いです。定期保険、終身保険よりも保険料はガクンと高くなります。毎月の家計にかなり重くのしかかります。

また、貯金目的で契約するのであれば貯蓄用の商品を契約したほうが利回りはよくなります。保険料には、保険会社の経費などが含まれているからです。同様に、生命保険目的で契約するのであれば定期保険のほうが保障は手厚くなります。養老保険は貯金も保険もカバーできますが、どちらも中途半端になるということを理解しましょう!

お得だったのは過去の話

養老保険は、契約時の予定利率が適用されます。金利が下がって行くのであれば、予定利率が高い時に契約した養老保険が、他の金融商品よりも有利な貯蓄商品となることがあります。しかし、現在のように、予定利率が低い時に契約した場合、金利が上がってきても、養老保険の予定利率は変わらないため、お得ではありません。さらに、現在のように予定利率が低いと、満期保険金が払った保険料を下回ることがあります。

養老保険がお得だったのは、金利がイケイケだったバブル時代の話です。昔の人から、養老保険はお得なのよと聞いても鵜呑みにするのはやめましょう!

予定利率が高い人は解約してはいけない

現在ではメリットのない養老保険ですが、予定利率が高い時に契約したのであれば、保険料よりも満期金のほうが多くなります。そういえば、結構前に養老保険契約したなぁという人は、予定利率ともらえる満期保険金を計算しましょう。そして、もらえる満期保険金が多い場合は、解約しないほうがお得です。

保険会社は儲からない商品

保険会社からすると、被保険者が死亡しても死亡しなくても保険金を支払わなくてはいけません。また、加入してすぐに被保険者が死亡してしまう場合、保険料をほとんど受け取っていないので保険会社は損をします。

また、バブル時代は投資をすれば儲かる時代でしたが、保険料の投資運用に失敗すると、保険会社は損をします。そのため、現在では養老保険を売りたがる保険会社は少ないです。

養老保険にかかる税金

養老保険は、満期になると満期保険金を受け取ることができます。税金では一時所得扱いとなります。満期金額が支払った保険料より多い場合は課税対象となります。

「課税金額=満期金額ー保険料ー50万円(一時所得の特別控除)×1/2」

また、一時払いや、保険加入から5年未満で満期になる養老保険、保険加入から5年以内に解約して解約返戻金を受け取った場合は、20%の源泉分離課税が徴収されます。

課税金額=(満期金ー保険料)×20%

さらに、複雑なのは、満期保険金の受取人を契約者が夫の場合に、妻や子供を受取人とした場合は、贈与税がかかります。満期保険金は契約者本人するのがおすすめです。

養老保険は、貯金メインで保険金も受け取ることが出来る商品です。ただし、貯金も保険も中途半端な金額です。貯金なら貯金、保険は保険と割り切ったほうがよいでしょう。やはり生命保険は定期保険が基本と考えるべきでしょう。

次の記事

「学資保険(こども保険)で学費を貯めるべき? 学資保険のメリット、デメリット」

前の記事

「おすすめできない終身保険! アカウント型保険(利率変動型積立終身保険)」

    
コメント