「終身保険」の保険料、解約返戻金などの注意点

終身保険は、いつ死亡もしくは高度障害状態になっても保険金を受け取ることができる生命保険です。


終身保険とは

終身保険は、死亡もしくは高度障害状態になった場合に保険金が受け取れる死亡保険タイプの生命保険です。保険期間に終わりがなく、契約期間は「生涯」続くため終身保険と呼ばれます。

終身保険の保険料は高い

終身保険は、定期保険よりも保険料が高くなります、定期保険は、保険期間中に死亡もしくは高度障害状態になった場合に保険金を受け取ることができます。しかし、終身保険は、いつ死亡しても必ず保険金を受け取ることができます。必ず保険金を支払う必要があるため、保険料が高くなります。また、1回目の更新までの終身保険料は低くし、更新後の保険料を高くするステップ払い方式もあります。

保険料の支払い方法

終身保険は、契約期間中の保険料は一定のため、月払い、年払いなどで同じ金額を支払います。保険料の支払い方法は、60歳など特定の年齢までに支払いを完了する「有期払」と、死ぬまでずっと払い続ける「終身払」、契約時にすべて支払う「一括払」があります。

支払い方法は総額の保険料で考える

終身保険は総額で支払う保険料で考えるといいでしょう。総額で支払う保険料は、支払い方法によって変化します。もし、平均寿命で死亡した場合、

終身払>有期払>一括払

の順番で支払う保険料が高くなります。しかし、加入してからの年数が少ない場合は、

一括払>有期払>終身払

と逆になります。また、月単位での保険料で考えるとの支払いは、終身払いのほうが有期払よりも安くなります。ただし、総額で支払う保険料は、いつ死亡するかによって変化しますので支払い方法はよく考えましょう。

解約返戻金がある

終身保険は、払い込んだ保険料の総額より少なくなりますが、解約することで解約返戻金を受け取ることができます。このように、貯蓄機能もあるのが特徴です。一方、定期保険では、解約返戻金はほとんど受け取ることはできません。そのため、「掛け捨て」タイプを嫌う人が終身保険に加入することが多いです。

長割り終身保険も

保険料の支払い期間中の解約返戻率を低くし、その分保険料を安くしている終身保険があります。それが「長割り終身保険」です。保険料の支払いが完了すれば、解約返戻金は通常と同じ解約返戻率になります。

貯金代わりの終身保険はNG

終身保険には、解約返戻金や死亡した場合に必ず保険金を受け取ることができるため貯金のかわりに終身保険を契約する人がいます。ただ、貯金目的であるのであれば、終身保険はおすすめしません。

解約返戻金は支払った保険料より低い金額となることが多いです。また、死亡保険料は、保険会社の運営費や手数料が差し引かれるため、純粋に貯金した場合よりも利回りは低くなることがほとんどです。

終身保険はいつ死亡しても保険金を残したい理由がある人にはおすすめです。しかし、貯金を目的にする人にはおすすめできません。貯金が目的であれば、終身保険から定期保険の保険料を差し引いた金額を貯金したり、他の金融商品を選択したほうが利回りは良いでしょう。

生命保険は、あくまで生命保険だけで考えるのが基本です! 定期保険を中心に生命保険を考えましょう。

次の記事

「定期と終身でややこしい! 定期付き終身保険のメリット・デメリット」

前の記事

「余命6ヶ月の宣告を受けた時に生前に保険金を受け取れるリビング・ニーズ特約」

    
コメント