生命保険の考え方の基本! 3つのタイプの生命保険

生命保険は、多くの商品と複雑な保険設計のためわかりづらくなっています。でも、仕組みさえ理解すれば、生命保険の基本がわかります。まずは、生命保険の基本となる3種類を紹介します。


生命保険とは

生命保険は、死亡もしくは高度障害状態になった場合に、残された家族が保険金を受け取ることができます。

生命保険の考え方

死亡時の生命保険、解約返戻金、お祝い金のように考えると、生命保険は複雑になります。まず、生命保険には、「死亡保険」「生存保険」「混合保険」の3つがあることをおさえましょう。どんな場合に支払われるかで分類するとこの3つに集約されます。

死亡保険

生命保険に加入している被保険者が死亡もしくは高度障害になった場合に保険金を受け取ることができます。定期保険、終身保険などが死亡保険です。

生存保険

生命保険に加入している被保険者が一定期間生きていた場合に保険金を受け取ることができます。個人年金保険などが生存保険です。死亡に備えているのに生きていたら保険金やお祝い金をもらえるという生存保険が、生命保険を複雑にしています。

混合保険

生命保険に加入している被保険者が生きていても死亡しても保険金を受け取ることができます。養老保険などが混合保険です。一番複雑な生命保険です。

生命保険の商品構成

「生命保険=主契約+特約」

生命保険は、基本となる主契約と、付加契約となる特約から商品が作られています。本来は、主契約部分は、死亡保険、生存保険、混合保険の3タイプです。しかし、特約は様々なタイプの保障があります。保険商品が複雑なのは、本来3タイプしかないのに、よく付加される特約がついた生命保険のパターンが商品化されるため、複雑でたくさんの生命保険の商品があるのです。

そこで、死亡保険、生存保険、混合保険の3種類が基本と考えましょう。そうすれば、自分に必要な基本パターンとつけるべき特約がみえてきます!

次の記事

「生命保険の主な商品の種類」

    
コメント