「リビング・ニーズ特約」余命6ヶ月の宣告を受けた時に生前に保険金を受け取れる特約

もしもあなたが末期ガンで余命6ヶ月と告知を受けた時、残された人生を楽しむためにお金が必要になったり、保険のきかない高額な先進医療による治療を受けるかもしれません。その場合には、まとまったお金が必要となります。このように余命宣告をされた場合に役立つ生命保険特約があります。それが、「リビング・ニーズ特約」です。


リビング・ニーズ特約とは

ガンなどの病気で余命6ヶ月と告知を受けた時に、死亡する保険金を受け取ることができるのが「リビング・ニーズ特約」です。リビンズニーズ特約を使うと、死んだあとでなく生きている時に保険金を受け取ることができます。

残された人生を楽しむために使ったり、病気治療による医療費として利用する特約です。終末期医療やガンの先進医療による高額な治療を受けるときに、役立ちます。

保険料は?

リビング・ニーズ特約の保険料は、無料となっています。死んだ時に支払われるものを前倒しで生きている間に受け取ることが出来るため無料となっています。

リビング・ニーズ特約で受け取れる保健金は3000万円が上限

リビングニーズ特約では、死亡時に受け取ることが出来る保険金を全額受け取ることはできません。余命6ヶ月の場合、受け取ることが出来る保険金の上限は3000万円となっている契約が多いです。

リビング・ニーズ特約を受け取った後も保険料を支払う

通常、生命保険を受け取った段階で保険料の支払いはなくなります。しかし、リビングニーズ特約の保険金を生前に受け取った場合に、残りの保険金がある場合、残った保険金額分の保険料を死亡するまでの間に支払う必要があります。

残りの保険金は相続税がかかる

リビング・ニーズ特約による保険金で注意したいのが相続税です。リビング・ニーズ特約で生前に受け取った保険金は将来のために必要なお金のため非課税です。しかし、リビング・ニーズ特約による保険金を受け取った後に、残りの保険金がある場合、受け取るときに相続税の対象となります(通常の生命保険と同様です)。

参考リンク

「生命保険で損をしない税金対策」

家族との認識を合わせよう

リビング・ニーズ特約が利用できる条件は、余命6ヶ月と宣告された場合です。インフォームドコンセントにより本人に知らされる場合が多いですが、家族だけに告知される場合もあります。

もしもの場合に備えて、リビング・ニーズ特約を利用しようにも本人が余命宣告を知らなければリビング・ニーズ特約を使うことはできません。また、家族もリビング・ニーズ特約のことを知らない場合もあるので、医者から余命宣告を受けた時は自分に知らせてほしいと前もって認識を合わせることが大切です。

次の記事

「終身保険の保険料、解約返戻金などの注意点」

前の記事

「医療保険タイプの保障もある特定疾病保障定期保険」

    
コメント