生命保険で一番おすすめな定期保険! 保険料、更新の注意点などを紹介!

生命保険を選ぶときにもっとおすすめなのが「定期保険」です。保険期間は、10年、20年のように期間が決められています。それでは、定期保険について紹介します。


定期保険とは

保険期間は、10年、20年のように期間が決められているため「定期保険」と言います。保険期間中に死亡もしくは高度障害状態になると、残された家族が保険金を受け取ることができます。

定期保険の保険料

定期保険の保険料は、終身保険や養老保険などに比べると非常に安くなっています。そのため、安い保険料で、安心の保障が得られます。その代わり、養老保険のように貯金の機能はなく、保険料は「掛け捨て」となります。

定期保険料の仕組み

定期保険の保険料は、年齢や健康状態によって変わってきます。基本的に、保険は死亡率によって保険料金が変わります。そのため、若くて健康な人は、死亡率が低いため、保険料が安くなります。

逆に、高齢者や健康状態が悪い人は、若くて健康な人よりも死亡率が高くなるため、保険料は高くなります。そのため、定期保険では健康状態が悪い人は保険への加入ができないこともあります。

定期保険の保険料は、保険期間を通じて月単位の保険料金は変わりません。ただし、更新すると保険料は上がります。

掛け捨ての保険

定期保険は、保険を契約している期間中に死亡もしくは高度障害状態になると残された家族に保険金が支払われます。しかし、保険期間が1日でも過ぎた後に死亡しても保険金を受け取ることができません。このように、保険料は掛け捨てとなるのが定期保険です。

定期保険のメリット

定期保険は、安い保険料で高額の死亡保険金を受けとれることです。そのため、子供が自立するまでの間や年金を受け取るあいだまでに生命保険が必要な場合などに役立ちます。

保険料が掛け捨てのため、満期保険金はありません。また、解約返戻金もほとんど受け取るができません。養老保険や終身保険のように貯金機能はありません。

しかし、本来生命保険は生命保険、貯金は貯金をすればいいだけの話です。定期保険は、とにかく保険料が安いので、一番おすすめの生命保険です。

更新2つの注意点

保険期間が10年、20年などの場合、保険会社が決めた年齢まで自動更新が可能です。自動更新は、健康状態にかかわらず、医師の診査や告知なしに更新できます。しかし、注意点2つがあります。

1つ目は、定期保険は更新をやめるという手続きをしないと自動更新されてしまいます。満期前に、保険会社から今後更新するかどうかの案内が郵送されてきます。よく、引っ越しをして住所を変更した場合に、更新の連絡が受け取れず、解約したかったのに自動更新されるケースがあります。注意しましょう。

2つ目は、更新すると急に保険料が高くなります。更新時の年齢で保険料を再計算するため、契約内容を変えずに更新すると保険料がぐーんと上がります! 高齢になると保険料が2倍以上になるケースもあるので注意しましょう。

解約返戻金

定期保険は、保険料の安さが特徴です。そのため、定期保険を解約した場合、終身保険や養老保険のように解約返戻金はほとんど受け取ることはできません。定期保険は、解約返戻金がないとおぼえておきましょう。

定期保険は、保険料が安いのがとにかく特徴です。また、どの生命保険にするか悩んだ時に、一番おすすめなのが定期保険です。保険料も安く、安心の保障が得られます!

次の記事

「毎月保険金が受け取れる収入保障保険。浪費癖がある家族におすすめ!」

前の記事

「生命保険3つのメイン商品! 定期保険、養老保険、終身保険」

    
コメント