介護保険

介護保険の基本情報や、介護保険料の決まり方、要介護認定、成年後見制度など介護保険に関する情報を紹介します。

  • 地方再生のカギは公務員?

    地方はくたびれている、それはよく言われたことです。まちづくりや、町おこしといったものがいわれていますが、それは一部を活性化するにとどまっており、街全体をよみがえらせることはなかなか難しいともいえるでしょう。

  • 遺言書に書いた内容の効力が制限されることがあるって本当?

    遺言書に書いた内容がどういう効力を持つのでしょうか? 効力が制限される場合はないのでしょうか? 遺言書には何を書けるのでしょうか? どういう場合に遺言書を書いたらいいのかを紹介します。 遺言で奪えない相続人の権利 遺言、すなわちあなた

  • かなり面倒! 預金・不動産の相続手続の流れ

    預金・不動産の相続手続の流れがかなり面倒なことを知っていますか? 相続手続が面倒なことにはある理由が隠されています。 預金の相続は面倒 被相続人が亡くなった翌日銀行を訪ねて行って、被相続人名義の預金を引き出そうとします。窓口の行員がいつもお金を

  • 遺産相続争いの解決への流れをみると遺言書が大切な理由がわかるよ!

    遺言書があるか、ないかで遺産分割の内容は大きく変わります。遺言書があれば、それで一発で終わりで、遺言執行に、すぐ進めることができるからです(ただ、遺留分を侵害している場合には、遺留分減殺請求を受ける恐れはあります)。遺産相続争いの解決への流れをみることと、遺言

  • 遺言書を書き換えたら古い遺言書と新しい遺言書のどっちが優先されるの?

    遺言書は、生きている間、何度でも書き換えられます。そして、書き換えたときは、内容が抵触する部分については、いつでも後に書いたものが有効で、前に書いたものは無効になります。 これは、前のものがコストをかけて作った公正証書遺言で、後のものが自分ひとりで作った

  • 遺言書3つの種類「自筆証書、公正証書、秘密証書」

    遺言書の種類は3つあります。自筆証書、公正証書、秘密証書の3つです。よく使われるのは、自筆証書、公正証書です。それでは詳しくみていきましょう。 1. 自筆証書遺言 自筆証書遺言は、いつでも、誰にでもできる、もっとも簡単なものです。あなたが自分で

  • 夫のカネはわたしのもの、わたしのカネはわたしのもの?

    自分の家はある。あとは夫が先立つのを待つだけだといえば、おだやかでないかもしれません。しかし、多くの既婚女性にとって、自分の家は夫名義の家であって自分の家ではありません。妻に収入がなければ、家を共同名義にするのにさえ夫に贈与税がかかります。しかし、ある条件さえ

  • おひとりさまが死ぬ前に遺しておいてはいけない2つのもの

    おひとりさまの人が死ぬ前に、遺したほうがいいものもあるが、遺すと困るものもあります。おひとりさまの遺品で、封印しておいたほうがよいものや、早めに処分しておいたほうがよいものは何でしょうか? 1. ペット 遺すと困るものの筆頭は、ペットなどの生き

  • 介護される側のノウハウ! 介護を上手く受け入れるための7つの心得

    介護する側のノウハウはたくさんあるけれど、介護される側にもノウハウがあることを知っていますか? 介護を上手く受け入れるための7つの心得を紹介します。 1. 自分のココロとカラダの感覚に忠実かつ敏感になる 自分を知らなければ自己表現なんてできませ

  • ひとりで老後を迎えるのに役立つ! おひとりさまの死に方5カ条

    ひとりで老後を迎えることが増える時代です。いくらひとりとはいえ、死んだ後の準備をすると周りに迷惑をかけることが減ります。おひとりさまの「死に方」を考えるうえで知っておきたい5カ条を紹介します。 その1 死んだら時間をおかずに発見されるように、密

  • おひとりさまの老後の暮らしにいくらかかるか? 月5万円で豊かな暮らしができる?

    おひとりさまの老後の暮らしにいくらかかるでしょうか? 有料老人ホームからワンルーム生活など暮らし方によってかかるお金は変わります。とはいえ、生活の仕方によっては月5万円から生活することもできます。 月5万円でも暮らせる 生活費は、これまでの暮ら

  • おひとりさまの老後をエンジョイするための条件は「自分だけの住まい」を持つこと

    家族も仕事も卒業して、おひとりさまの老後として「自分のためだけ」に使えるありあまる時間をエンジョイするために、最低限必要な条件は、「自分だけの住まい」をもつことです。 みんな自分の家に帰りたい 入院中の病人も、施設に入っているお年寄りも、「自分

  • 介護保険を理解するのに役立つ基本情報まとめ

    介護保険を理解するために役立つ基本情報をまとめました。介護保険料、要介護認定、介護サービスの種類、成年後見制度など介護保険を理解するのに役立つまとめです。 介護保険の基本 介護保険の運営者である保険者と保険料を支払う被保険者を理解することが大切

  • 福祉用具販売の種類と利用料金

    排泄に関する福祉用具を借りるのは誰だって抵抗がありますよね。福祉用具販売は、入浴や排泄など福祉用具貸与になじまない福祉用具を介護保険を利用して購入する介護利用者に配慮した制度です。福祉用具販売の種類と利用料金を紹介します。 利用条件 介護レベル

  • 福祉用具貸与で借りることができる福祉用具、利用条件など

    福祉用具貸与は、介護保険を利用して指定されている福祉用具から車いすなど介護利用者が必要な福祉用具を借りることができる制度です。福祉用具貸与で借りることができる福祉用具、利用条件などを紹介します。 利用条件 介護レベルに応じて借りることが出来る福

  • 介護保険が利用できる福祉用具サービスの種類

    介護保険が利用できる福祉用具サービスの種類を紹介します。貸与・販売の2種類があります。 1. 福祉用具貸与 福祉用具貸与は、介護保険を利用して指定されている福祉用具から車いすなど介護利用者が必要な福祉用具を借りることができる制度です。借りること

  • 複合型サービスで受けられるサービス、利用料金

    複合型サービスは、小規模多機能型居宅介護で受けられる通所介護、ショートステイ、訪問介護に加えて「訪問看護」を受けることが出来るサービスです。自宅を中心としながら介護と看護の一体的なサービスを受けることが可能となります。複合型サービスで受けられるサービス、利用料

  • 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護で受けられるサービス、利用条件・料金

    入所定員が29人以下の特別養護老人ホームに入所している利用者が要介護認定を受けると、介護保険が適用された状態で日常生活に必要な介護サービスを受けることができます。地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護で受けられるサービス、利用の条件料金を紹介します。

  • 地域密着型特定施設入居者生活介護で受けられるサービスと利用料金

    地域密着型特定施設入居者生活介護は、定員30名以下で一定の基準を満たした有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム及び高齢者専用賃貸住宅にて「要介護」認定を受けた人が、介護保険を適用させて介護サービスを受けることができる介護サービスです。地域密着型特定施設

  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で受けられるサービス、利用料金など

    認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は、要介護認定された認知症の人が、共同生活住居で、認知症高齢者に必要な介護サービスを受けることが出来る介護サービスです。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で受けられるサービス、利用料金などを紹介します。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »