成年後見制度

成年後見制度は、正常な判断ができなくなった人を保護する制度です。家庭裁判所が成年後見人を選ぶ法定後見制度と、正常な判断ができるうちに自分で任意後見人を指定する任意後見制度があります。認知症、アルツハイマーや介護保険と一緒に考えたい制度です。成年後見制度を活用するのに役立つ情報を紹介します。

  • 成年後見制度の活用例。アルツハイマーや認知症になった時に備えよう!

    将来死んだ後の遺産相続を考えている人は多いですよね。でも、自分がボケてしまったときのことは考えていますか? 自分が正常な判断ができるうちに成年後見制度を利用するのがおすすめです。では、どんな場合に成年後見制度が活用できるのか紹介します。 成年後見制度

  • 成年後見登記制度

    成年後見制度を利用する場合、成年後見人が誰なのか登記を行います。なぜ成年後見制度を利用する場合に、登記が必要となるのでしょうか? 成年後見登記制度とは 成年後見登記制度とは、成年後見人などの権限や任意後見契約の内容を登記し、登記官が登記事項を証明し

  • 任意後見制度と併用したい見守り契約

    任意後見制度を利用する場合、本人の判断能力が十分なうちは、自分で財産管理を行ない、正常な判断ができなくなったら、任意後見契約に移行する「移行型」を利用する事が多いです。しかし、正常な判断ができなくなるタイミングはいつ確認するのでしょうか? 自分で「そろそ

  • 任意後見制度の種類、手続き、費用

    任意後見制度は自分が元気なうちに、正常な判断ができなくなる場合に備えて、あらかじめ任意後見人を決めておく制度です。判断能力が低下してしまったとき、スムーズに成年後見制度に移行することが可能となります。任意後見制度の種類、手続きなどを紹介します。

  • 法定後見制度の種類、手続き、費用

    法定後見制度は、自分の両親が認知症やアルツハイマーなどで正常な判断ができなくなった場合などに家庭裁判所へ申し立てを行い、成年後見人として認められると両親の代理で契約をしたり、契約の同意・取り消しができるようになる制度です。法定後見制度の種類、手続きなどを紹介し

  • 成年後見制度の基本と成年後見人の仕事内容

    成年後見制度は、自分が正常な判断ができなくなった場合に役立つ制度です。成年後見人に、代理判断、契約の同意・取消などを行ってもらうことで、適切に財産管理を行うことができます。成年後見制度の種類、手続き、成年後見人について紹介します。 成年後見制度と

1 / 1 1