介護が必要になる原因

介護が必要になる原因のランキング、介護の原因トップ3の脳卒中、認知症、高齢による衰弱の特徴や介護との関係など介護が必要になるきっかけについて紹介します。

  • 高齢による衰弱は介護の原因第3位!

    介護のきっかけで3番目に多いのは、高齢による衰弱です。介護が必要となるきっかけの13.7%にもなります。なぜ、高齢による衰弱が進行すると介護が必要となるのでしょうか? 高齢による衰弱とは? 高齢者になるにつれ、身体の機能はどんどん低下してきます

  • 認知症で介護が必要になる確率15.3%! 介護の原因第2位となる認知症

    介護のきっかけとなる第2位の原因は認知症です。介護が必要となる原因として15.3%も占めているのです。なぜ、認知症が進行すると介護が必要となるのでしょうか? 認知症ってどんな病気? 認知症になると、様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、脳の働きが

  • 介護の原因の21.5%!? 介護の原因第1位となる脳卒中

    介護のきっかけで一番多い病気は何か知っていますか? それは脳卒中です。なんと、介護が必要となるきっかけの21.5%も占めているのです。なぜ、脳卒中になると介護が必要となるのでしょうか? 脳卒中ってどんな病気 脳卒中は、脳内の血管がつまったり、破

  • 介護が必要となる原因ランキングと年齢別要介護者の割合

    平成22年の厚生労働省発表データより介護が必要となる原因ランキングと年齢別要介護者の割合を紹介します。 介護が必要となる原因ランキング 要支援1〜要介護5に認定された人全体から算出されたデータとなります。 脳卒中:21.5% 認知症:1

1 / 1 1