遺言書に書いた内容の効力が制限されることがあるって本当?

遺言書に書いた内容がどういう効力を持つのでしょうか?
効力が制限される場合はないのでしょうか?
遺言書には何を書けるのでしょうか?

どういう場合に遺言書を書いたらいいのかを紹介します。


遺言で奪えない相続人の権利

遺言、すなわちあなたの意思は、法定相続に優先して効力を持ちます。あなたの思い通りに、財産を与えることができるのです。被相続人(亡くなっていく人)であるあなたの意思に従って、相続分を指定する、または、どの遺産を誰に相続させるかを指定することができるのです。

もちろん、どんな内容でも勝手に決められるというものではありません。法律では、遺留分と言って、法定相続人が最低限受け取ることのできる遺産の比率が定められており、それに反することはできません。

なぜかと言うと、例えば、父親が遺言書に、自分の財産はすべて前妻の子に譲ると書いたとしましょう。これでは、現在の奥さんもその子供も、父親という働き手がいなくなった後の生活が立ち行かなくなってしまいます。こうしたことが起こらないように、法律は遺留分という最低限のものを定めたのです。

遺留分を持つ相続人は、配偶者、子供、親までです。その比率は法定相続分の2分の1が原則ですが、親が相続人の場合には3分の1となります。兄弟姉妹が相続人の場合には遺留分は認められません。

この法律の規定は、社会の実態にもあっていると思います。親族間に法律上扶養義務があると言っても、実際には親と子の間、配偶者との間ですから、その間では遺留分を設けています。

一方、確かに親族であっても兄弟姉妹と言うと、生活も独立していて経済的につながりのない場合が多いのですから、そこには遺留分を認めないこととしています。

法律って、うまくできていますね。

「きれいに死ぬための相続の話をしようの記事」の詳細を調べる

    
コメント