親等の数え方

冠婚葬祭などで遠い親戚の人と会うことがあります。その人とは血がつながっているのか、あるいはいないのか。それを知る上で必要なとらえ方として「親等」があります。


親族の定義

一般に民法に定められている親族の定義として六親等以内の血族、三親等以内の姻族があります。血族とは文字通り血の繋がった人、姻族とは婚姻関係で、結婚をしたことで義理の関係が生じたものです。果たして親族はどこまでつながっているのか見ていきましょう。

本人から数えない

まず親等の数え方は本人ではなく、もっとも近い人が一親等になります。親の親、祖父母は二親等、ひいおじいさん、おばあさんは三親等になります。さらに、そこから分かれた人をたどる場合には共通の祖先まで数え、そこから下がってゆきます。例えば親の兄妹、おじさんおばさんは、三親等、おじおばの子ども、いとこは四親等となります。いとこの子どもは五親等、そのまた子どもは六親等となりますから、血族の範囲はかなり広いですね。

婚姻関係は横に一親等をカウント

さらに婚姻関係で生じる姻族は横に一親等をカウントします。二親等の兄妹の結婚相手は、横にカウントして三親等の姻族となります。これを参考に、どこまでが親族であるのか、自分の家系図を作ってみてはいかがでしょうか。

    
コメント