小規模多機能型居宅介護で受けられるサービス、利用料金

小規模多機能型居宅介護は、通所介護(デイサービス)による「通い」サービスを中心としながらも、短期間の「宿泊」であるショートステイや訪問介護を受けることもできる地域密着型の介護サービスです。小規模多機能型居宅介護で受けられるサービス、利用料金などを紹介します。


小規模多機能型居宅介護で受けられるサービス

1. 通所介護による介護サービス
2. ショートステイによる介護サービス
3. 訪問介護サービス

の3つの介護サービスを利用できることが大きな特徴です。通い、訪問、短期宿泊を別々のサービスで利用すると担当者が変わりますが、小規模多機能型居宅介護では、同じ担当者のもと介護サービスを受けることができます。そのため、認知症の患者などが混乱を起こすことも減り、人見知りの人にも有効なサービスとなっています。

受けられる介護サービスは、入浴、排泄、食事など日常生活の介護サービス、機能回復訓練などです。「要介護」認定された人のみ利用が可能です。

小規模多機能型居宅介護の定員数

小規模多機能型居宅介護では、通所介護である「通い」の場合1日あたり15人以下、「宿泊」の場合1日あたり9人以下となっています。

小規模多機能型居宅介護利用の注意点

介護にかかる料金は利用内容や利用回数にかかわらず一定額です。また、小規模多機能型居宅介護を利用する間は、他の訪問サービス、通所サービスが保険給付の対象から外れるので注意が必要です。

小規模多機能型居宅介護の利用料金

1月あたりの利用料金(1割負担分)の目安を紹介します。ただし、食費、居住費などは別途負担となります。

要支援1:4,469円
要支援2:7,995円
要介護1:11,430円
要介護2:16,325円
要介護3:23,286円
要介護4:25,597円
要介護5:28,120円

次の記事

「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」

前の記事

「地域密着型サービスの種類」

    
コメント