認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で受けられるサービス、利用料金など

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は、要介護認定された認知症の人が、共同生活住居で、認知症高齢者に必要な介護サービスを受けることが出来る介護サービスです。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で受けられるサービス、利用料金などを紹介します。


受けられるサービス

認知症の専門的ケア、食事、排泄、入浴など日常生活に必要な介護サービス、機能回復訓練などを受けることができます。また、共同生活や住宅地にあることから、地域交流を行うことが可能です。

利用条件

認知症対応型共同生活介護を利用できるのは、認知症で「要介護」と認定された人だけです。ただし、認知症の原因となる疾患が急性の状態で人は利用することができます。

定員数

グループホームの定員は5人以上9人以下のユニットが基本となっています。最大2ユニットまで運営ができるので最大18人まで利用ができます。居室は、7.43平方メートルの個室が基本で、居間、食堂、台所などの共有スペースを併設することが基本です。また、地域住民との交流ができるように、住宅地に設置されることが条件となっています。

人員配置

職員数は、入居者3人に1人の介護職員が必置です。深夜でも1人介護従業者がいることが条件です。また、ユニットごとに計画作成担当者が1人と管理者も必要です。そのため、安心して認知症ケアを受けることができます。

注意点

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)を利用している間は、訪問介護、通所介護、ショートステイ、福祉用具を利用しても介護保険給付を受けることができませんのでご注意を。また、要支援1の人は認知症対応型共同生活介護(グループホーム)をすることができません。

利用料金

1日の施設の利用料金(1割負担分)の目安を紹介します。食事など日常生活費は別途費用が発生します。

共同生活住居が1ユニットの場合

要支援2:798円
要介護1:802円
要介護2:840円
要介護3:865円
要介護4:882円
要介護5:900円

共同生活住居が2ユニットの場合

要支援2:785円
要介護1:789円
要介護2:827円
要介護3:852円
要介護4:869円
要介護5:886円

次の記事

「地域密着型特定施設入居者生活介護」

前の記事

「小規模多機能型居宅介護」

    
コメント