1割負担と全額負担に注意! 介護サービス費用の考え方

介護サービスを利用する際にかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか? 介護サービス費用の考え方を紹介します。


介護サービス費用

訪問介護、通所介護、福祉用具、施設利用など利用する介護サービスに応じてサービス利用料が設定されています。実際に支払う介護サービス費用は、全体にかかる費用の1割部分だけです。残りの9割は保険者が負担をしてくれます。

区分支給限度基準額

ただし、1割負担だけで利用ができる料金には限度額が設定されていますす。介護レベルに応じて限度額は変わります。

参考リンク

「区分支給限度基準額」

自己負担がないサービスも

居宅介護支援、介護予防支援は無料で利用ができます。ケアプラン作成、ケアマネジメントは保険者が全額負担するため利用者の自己負担はありません。

全額自己負担するサービス

基本的には介護サービスは1割負担で利用ができますが、全額自己負担となるサービスもあります。

食費
居住費(ショートステイなどの宿泊料金)
おむつ代などの日常生活費用

全額自己負担となるサービスは、トラブルになりやすい部分なのでしっかりとおぼえておきましょう。また、ケアプラン作成時に、どの部分が自己負担になるか確認しましょう。所得に応じて食費と居住費は費用の負担軽減をしてくれる制度もあります。

参考リンク

「所得に応じた食費、居住費の負担軽減制度」

全額自己負担になるサービスについて特に注意することが大切です。介護サービス利用にかかる基本的な考え方を理解することが大切です。

次の記事

「区分支給限度基準額と平均利用額」

前の記事

「要介護認定(介護給付)と要支援認定(予防給付)の違い」

    
コメント