高額介護(介護予防)サービス費と計算方法

在宅介護サービスを利用する場合、介護レベルに応じた上限金額まで1割負担で介護サービスを受けることができます。しかし、1割負担であっても家計への負担が厳しいこともあります。そんな時に役立つのが所得に応じた高額介護(介護予防)サービス費です。高額介護(介護予防)サービス費と計算方法を紹介します。

高額介護(介護予防)サービス費とは

毎月の介護サービス費の1割の自己負担額が世帯合計(個人)で上限額を超えた場合に、超えた分が払い戻されます。高額介護(介護予防)サービス費によって、所得の低い家庭でも介護サービスを受けやすくなります。

所得によって上限額が変わる

高額介護(介護予防)サービス費は、所得に応じて上限額が変わります。所得状況に応じて4段階に分けられます。

第1段階

所得区分 1. 生活保護の被保護者 2. 15,000円への減額により生活保護の被保護者とならない場合 3. 市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者 上限額 1. 個人15,000円 2. 世帯15,000円 3. 世帯24,600円   個人15,000円

第2段階

所得区分 市町村民税世帯非課税で「公的年金等収入金額+合計所得金額=80万円以下」である場合 上限額 世帯24,600円 個人15,000円

第3段階

所得区分 市町村民税世帯非課税。24,600円への減額により生活保護の被保護者とならない場合 上限額 世帯24,600円

第4段階

所得区分 上記のいずれに該当しない場合 上限額 世帯37,200円

高額介護(介護予防)サービス費で戻るお金の計算方法

「戻ってくるお金=(世帯全体での利用者負担合計額ー世帯の上限額)×(個人の利用者負担合算額/利用者負担世帯合算額)」 このように、1割自己負担部分を所得に応じて補助してくれるのが、高額介護(介護予防)サービス費なのです。 次の記事「介護保険施設の利用でかかる食費、居住費の負担軽減制度」 前の記事「区分支給限度基準額と平均利用額」