介護保険施設の利用でかかる食費、居住費の負担軽減制度

訪問型、入所型の介護保険施設を利用する場合は、利用料金だけでなく食費や居住費がかかります。しかし、これらの費用が大きな負担になりがちです。そこで、所得に応じて食費、居住費の負担が軽減されます。


4つの利用者負担段階

所得に応じて4つの段階に分類されます。

第1段階

市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者
生活保護受給者

第2段階

市町村民税世帯非課税であって、課税年金収入額+ 合計所得金額が80万円以下

第3段階

市町村民税世帯非課税であって、利用者負担第2段階該当者以外

第4段階

市町村民税本人非課税者
市町村民税本人課税者

負担限度額

食費・居住費は、第1~3段階の場合、負担限度額が設定されています。標準的な費用の額である基準費用額からと負担限度額の差額を、介護保険から特定入所者介護サービス費として受け取ることができます

「戻るお金=(基準費用額ー段階に応じた負担限度額)×利用日数」

食費の負担限度額(日額)

基準費用額:1,380円
第1段階:300円
第2段階:390円
第3段階:650円

例えば、第1段階の人が1日利用した場合、「1,380-300=1,080円」を受け取ることができます。

居住費の限度額(日額)

多床室
基準費用額:320円
第1段階:0円
第2段階:320円
第3段階:320円

従来型個室(特別養護老人ホーム等)
基準費用額:1,150円
第1段階:320円
第2段階:420円
第3段階:820円

従来型個室(介護老人保健施設等)
基準費用額:1,640円
第1段階:490円
第2段階:490円
第3段階:1,310円

ユニット型準個室
基準費用額:1,640円
第1段階:490円
第2段階:490円
第3段階:1,310円

ユニット型個室
基準費用額:1,970円
第1段階:820円
第2段階:820円
第3段階:1,310円

例えば、第1段階の人が1日ユニット型個室を利用した場合、「1,970-820=1,150円」を受け取ることができます。

次の記事

「介護サービスの種類」

前の記事

「高額介護(介護予防)サービス費」

    
コメント