居宅療養管理指導を利用できる条件と料金

居宅療養管理指導は、病院、診療所、薬局の医師、歯科医師、薬剤師などが自宅へ直接訪問し、栄養、口腔ケアなど療養上の管理や指導を行う介護サービスです。居宅療養管理指導を利用できる条件と料金を紹介します。


居宅療養管理指導を利用できる条件

居宅療養管理指導を利用できるのは、居宅のため、自宅での介護だけでなく軽費老人ホームや有料老人ホームなどでも居宅療養管理指導を利用することができます。また、居宅療養管理指導を受ける条件として「要介護」と認定されていることが必要です。

居宅療養管理指導の利用料金

月2回までの1回あたりの料金(自己負担1割分)

医師:500円
歯科医師:500円
薬剤師:550円
管理栄養士:530円

のように、居宅療養管理指導を行う人によってかかる料金が変動します。条件によって料金は変動するのであくまで目安として考えて下さい。

次の記事

「夜間対応型訪問介護」

前の記事

「訪問リハビリテーション」

    
コメント