訪問介護サービスの種類

訪問介護、夜間対応型訪問介護など自宅で受けられる訪問介護(居宅)サービスの種類を紹介します。


1. 訪問介護

介護福祉士や訪問介護員が自宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護、家事の援助、乗降補助などを提供する介護サービスです。

「訪問介護(ホームヘルパー)サービス」

2. 訪問入浴介護

自宅での入浴が困難な利用者のために直接自宅へ訪問し、持参した浴槽によって行われる入浴の介護サービスです。

「訪問入浴介護」

3. 訪問看護

看護師、准看護師、保健師、理学療法士及び作業療法士が自宅を訪問して、療養や必要な診療の補助などを行う介護サービスです。主治医が、利用者の病状が安定しており、訪問看護が必要だと認めた場合のみ利用が可能です。

「訪問看護」

4. 訪問リハビリテーション

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が自宅を訪問し、心身の機能の維持回復、日常生活の自立を助けることを目的とするリハビリテーションを行う介護サービスです。主治医が、利用者の病状が安定しており、訪問リハビリテーションが必要だと認めた場合のみ利用が可能です。

「訪問リハビリテーション」

5. 居宅療養管理指導

病院や診療所または薬局の医師、歯科医師、薬剤師などが自宅へ訪問し、生活でのアドバイス、薬や栄養バランスなど療養上の管理及び指導などを行う介護サービスです。サービス利用者が通院困難である場合に限って利用が可能です。

「居宅療養管理指導」

6. 居宅介護支援

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、居宅サービス、地域密着型サービスなど介護利用者が日常生活を送るために必要なサービスを適切に利用することができるようにするサービスです。ケアプランの作成も行います。

「居宅介護支援」

地域密着型の訪問介護サービス

地域密着型の訪問介護サービスは要介護認定された人しか受けることができません。要支援認定では受けることができないので注意しましょう。

1. 夜間対応型訪問介護

夜間の定期的な巡回や利用者からの連絡により、利用者の自宅を直接訪問し、入浴、排泄、食事など介護サービスを提供します。

「夜間対応型訪問介護」

2. 定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期的な巡回や利用者からの連絡により、利用者の自宅を直接訪問し、入浴、排泄、食事などの介護や療養生活を支援するための看護などの介護サービスを提供します。

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」

次の記事

「訪問介護(ホームヘルパー)サービス」

前の記事

「介護相談利用、要介護認定、介護サービス開始した後の相談窓口」

    
コメント