訪問介護(ホームヘルパー)サービスで受ける介護内容と注意点

訪問介護サービス、いわゆる「ホームヘルパーサービス」は、介護福祉士や訪問介護員が自宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護、家事の援助、乗降補助などを提供する介護サービスです。訪問介護サービスので受けられる介護内容と注意点を紹介します。


訪問介護サービス内容

訪問介護では主に、介護者の身の回りの世話や家事の援助、外出時の乗降補助など3つの介護サービスをを行います。

1. 身体介護

ホームヘルパーが自宅へ訪問し、排泄、食事、入浴など直接介護を行います。

2. 生活援助

ホームヘルパーが、掃除、洗濯、料理など生活に必要な家事の援助を行います。

3. 通院等乗降介助

訪問介護員の運転する車両で通院や外出する際の乗降と移動の介助を行います。

*ただし、介護予防訪問介護には、「身体介護」と「生活援助」の区別はありません。

訪問介護の注意点

訪問介護では、希望があったとしても次のサービスを提供することはできません。

1. 直接利用者の援助に該当しないサービス

利用者の家族のための家事(料理、洗濯など)
利用者の家族のための来客の対応
など介護が必要とする利用者以外の家事を行うことはできません。介護が目的だからです。

2. 日常生活の援助の範囲を超えるサービス

草むしり
ペットの世話
大掃除
窓のガラス磨き
正月の準備
など日常生活の援助に影響しないサービスを提供しません。介護を必要とする人が最低限必要な介護サービスだけを行います。

依頼している家族は、なんでできないの? と思うかもしれませんが、あくまで訪問介護も国からの税金が使われています。介護に必要なサービスだけ提供されると理解しましょう。

次の記事

「訪問介護(ホームヘルパー)サービスにかかる利用料金」

前の記事

「訪問介護サービスの種類」

    
コメント