介護保険施設の種類

要介護認定の場合に利用できる入所タイプの介護保険施設の種類について紹介します。


1. 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設は、入所定員が30人以上の特別養護老人ホームのことで、入浴、排泄、食事などの介護サービス、機能訓練、健康管理及び療養上のサービスを提供することを目的とした施設です。日常生活の介護が中心となっています。

「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」

2. 介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、看護、医学的な管理の必要となる介護、機能訓練、そのほかの必要な医療、日常生活上のサービスを提供することを目的とし、定められた条件を満たした都道府県知事の許可をえた施設のことです。リハビリテーションを中心としています。

「介護老人保健施設」

3. 介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、療養病床などのある病院または診療所で、療養上の管理、看護、医学的な管理の必要となる介護、そのほかのサービス、機能訓練、そのほかの必要な医療を提供することを目的とした施設です。医療ケアが中心となっています。

「介護療養型医療施設」

4. 特定施設入居者生活介護

有料老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など特定施設に入居している利用者も自宅で受ける訪問介護サービスと同じように、介護サービスや機能訓練などを受けることが出来るサービスです。特定施設の職員もしくは外部サービス提供者からサービスを受けます。

「特定施設入居者生活介護」

次の記事

「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」

前の記事

「短期入所療養介護」

    
コメント