特定施設入居者生活介護の対象施設、利用料金

特定施設入居者生活介護は、有料老人ホーム、軽費老人ホームなど一定の基準を満たした特別施設が、要介護認定を受けた利用者に対して、介護保険を利用して介護サービスを受けれる制度です。施設にいながらも自宅と同じように介護保険を利用して介護サービスが受けられることが特徴です。特定施設入居者生活介護の対象施設、利用料金などを紹介します。


特定施設入居者生活介護の対象施設

1. 有料老人ホーム
2. 養護老人ホーム
3. 軽費老人ホーム
4. サービス付き高齢者向け住宅

のうち、厚生労働省の基準を満たし、都道府県知事の指定を受けた施設だけが特定施設入居者生活介護を提供することができます。

外部サービス利用タイプも増えている

近年では、外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護もあります。ケアプランの作成は施設が行い、ケアプランでサービス外部を利用するとした介護サービスは、外部サービス字義号車に委託をします。

特定施設入居者生活介護の料金

利用者のサービス利用料金(1割負担分)の目安を紹介します。

要支援の場合

1日あたりの料金目安です。

要支援1:196円
要支援2:453円

要介護1の場合

1回あたりの料金目安です。

要介護1:560円
要介護2:628円
要介護3:700円
要介護4:768円
要介護5:838円

次の記事

「地域密着型サービスの種類」

前の記事

「介護療養型医療施設」

    
コメント