介護サービスの種類

介護サービスの種類を紹介します。要介護認定か要支援状態かによって受けられる介護サービスは変わります。


要介護認定された場合に受けられるサービス

要介護認定された場合に受けられる介護給付サービスを紹介します。施設サービスを利用できるのが要介護認定された場合の大きな特徴です。

居宅サービス

居宅サービスには大きく分けて4つの種類があります。

1. 訪問サービス

訪問介護(ホームヘルパーサービス)

訪問入浴介護

訪問看護

訪問リハビリテーション

居宅療養管理指導

2. 通所サービス

通所介護(デイサービス)

通所リハビリテーション

3. 短期入所サービス

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所療養介護

4. それ以外の居宅サービス

特定施設入居者生活介護

福祉用具貸与

特定福祉用具販売

居宅介護支援

施設サービス

入所タイプの施設サービスを利用出来るのが、

介護老人福祉施設

介護老人保健施設

介護療養型医療施設

これらのサービスは、都道府県・政令市・中核市が指定・監督を行うサービスとなっています。

地域密着型サービス

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

夜間対応型訪問介護

認知症対応型通所介護

小規模多機能型居宅介護

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

地域密着型特定施設入居者生活介護

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護

複合型サービス

地域密着型サービスは、市町村が指定・監督を行うサービスとなっています。

要支援認定された場合に受けられるサービス

要支援認定された場合に受けられる介護給付サービスを紹介します。施設サービスが利用できない場合や一部の地域密着型サービスを除き、受けられる介護サービスの多くは、要介護認定と同じサービスを受けることができます。その場合、単語の前に「介護予防●●」とついています。

介護予防サービス

介護予防サービスには大きく分けて3つの種類があります。要介護認定された場合に受けられる居宅サービスと同じ内容となっています。

1. 訪問サービス

介護予防訪問介護(ホームヘルパーサービス)

介護予防訪問入浴介護

介護予防訪問看護

介護予防訪問リハビリテーション

2. 通所サービス

介護予防通所介護(デイサービス)

介護予防通所リハビリテーション

3. 短期入所サービス

介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

介護予防短期入所療養介護

4. それ以外の介護予防サービス

介護予防特定施設入居者生活介護

介護予防福祉用具貸与

特定介護予防福祉用具販売

介護予防支援

これらの介護予防サービスは、都道府県・政令市・中核市が指定・監督を行うサービスです。

地域密着型介護予防サービス

介護予防認知症対応型通所介護

介護予防小規模多機能型居宅介護

介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

地域密着型サービスは、市町村が指定・監督を行うサービスです。

次の記事

「介護相談利用、要介護認定、介護サービス開始した後の相談窓口」

前の記事

「介護保険施設の利用でかかる食費、居住費の負担軽減制度」

外部参考リンク

「厚生労働省:公表されている介護サービス」

    
コメント