介護相談利用、要介護認定、介護サービス開始した後の相談窓口

介護保険の利用に関する相談窓口や介護に関する苦情の窓口はどこでしょうか? 介護相談利用、要介護認定、介護サービス開始後の相談窓口を紹介します。


市町村区の役場

介護保険の保険者は、市町村および特別区です。そのため、介護保険を利用する場合にまず相談したいのが、市町村区の役場です。福祉関連の窓口に相談をしましょう。

地域包括支援センター

市町村には、地域包括支援センターという高齢者の相談機関があります。介護保険の相談、要介護認定の申請代行なども対応しています。専門の職員がいるため、専門的な介護相談も可能です。

要介護認定に対する不服の苦情

要介護認定の不認定や実際の介護レベルより低く認定された場合は、都道府県にある介護保険審査会に苦情を申し入れます。要介護認定に対する不服の申し立ては、処分決定があったことを知った日の翌日から60日以内に行う必要があります。お忘れなく。

居宅介護支援事業所

ケアプラン作成だけでなく、実際の介護に関する相談や問題などがある場合は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーなどに相談をしましょう。

介護サービスへの苦情の窓口

介護サービスを利用すると、介護サービスの事業所や担当者によって介護サービスについて不満や不備が出来るケースがあります。その場合、状況を改善するためにはどこに苦情を言えばいいのでしょうか?

介護サービスの苦情は、まず介護サービスを提供する事業者の窓口か担当者に苦情を言いましょう。また、事業者だけでなく国にも苦情を申し入れます。都道府県国民健康保険団体連合会(国保連)に苦情を言いましょう。

介護サービスを受けるための相談、要介護認定に不服がある場合、介護サービス開始後に対して不備が場合は、窓口に相談・苦情を行いましょう。

次の記事

「訪問介護サービスの種類」

次の記事

「介護サービスの種類」

    
コメント