ショートステイ(短期入所)サービスの種類と活用方法

ショートステイ(短期入所)は、30日を上限として短期間入所するタイプの介護サービスとなっています。ショートステイ(短期入所)サービスの種類と活用方法例を紹介します。


1. 短期入所生活介護(ショートステイ)

特別養護老人ホームなどの施設に30日上限で入所し、入浴、食事などの介護サービスや機能回復訓練などを受けることができます。介護やレクリエーションが中心となっています。

「短期入所生活介護」

2. 短期入所療養介護(ショートステイ)

介護老人保健施設などの施設に30日上限で入所し、入浴、食事などの介護サービス、看護や医療ケアを受けることができます。医療ケアが中心となっています。

「短期入所療養介護」

ショートステイの活用方法

ショートステイ(短期入所)サービスの活用方法例を紹介します。

介護をしている家族の負担を減らす
旅行
家族の急病
冠婚葬祭
介護負担軽減
介護につかれた時の休養
老人ホーム入所前の雰囲気をつかむ

など様々な利用方法があります。必要に応じて利用するとよいでしょう。家族の介護負担も軽減することが出来る便利な介護サービスです。

次の記事

「宿泊タイプの介護施設の居室の種類」

前の記事

「認知症対応型通所介護」

    
コメント