介護サービスを利用するための要介護認定の流れ

介護保険を介護サービスを利用するためには、「要介護認定」される必要があります。「要介護認定」を受けることで保険が適用された状態で介護保険サービスを受けることができます。
それでは、介護サービスを利用するための要介護認定の全体の流れを紹介します。


要介護認定とは

介護保険制度は、寝たきりなどで常に介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合や、家事など日常生活に支援が必要であり、介護予防サービスが効果的な状態(要支援状態)になった場合に、介護サービスを受けることができます。

そのためには、要介護状態や要支援状態にあるかどうかを判定する必要が出てきます。その判定を行うのが要介護認定です。保険者である市町村に設置される介護認定審査会において判定されます。

要介護認定の流れ

要介護認定の流れは大きく分けて5つのステップで進められます。

1. 市町村に申請

介護保険が必要と感じたら、お住まいの市町村区に介護保険に関する申請書を提出します。家族や居宅介護支援事業者等が代行もできます。

2. 認定調査

認定調査は、市町村職員か事務受託法人の介護支援専門員で、都道府県及び指定都市が行う研修を修了した「認定調査員」が行います。認定調査員が事前に調査対象者や介護者と調査実施場所(自宅や入院・入所先など)を調整した上で認定調査を行います。本人への面接や心身の状況に関する調査(基本調査+特記事項)が行われます。

参考リンク

「認定調査票とは?」

3. 1次判定

認定調査員による認定調査結果と申請書で指定された医師から受け取った主治医意見書のデータをもとにコンピュータによる1次判定を行います。コンピュータとなると不安になりますが、最終判定ではありません。あくまで2次判定で最終審査を行います。

参考リンク

「1次判定の仕組み」

4. 2次判定

要介護認定の審査は、実際に審査・判定を行うのは、保健・医療・福祉の学識経験者で構成された介護認定審査会です。1次判定結果と主治医意見書、認定調査の特記事項をもとに審査判定を行います。

参考リンク

「2次判定の仕組み」

5. 要介護認定

2次判定の結果を保険者である市町村が認定するかどうかで要介護認定が決まります。

5-1. 認定を受けたら有効期限を忘れずに

また、認定の結果には有効期限があり、介護サービスを継続利用する場合は、有効期限が切れる前に再度申請の手続きが必要となります。申請してから30日以内に要介護認定の認定結果が出ることになっています。

5-2. 不認定に納得出来ない場合は?

結果に納得出来ない場合、都道府県に設置されている介護保険審査会に審査請求を行うことができます。処分があったことを知った日の翌日から60日以内であれば再度審査請求が可能です。

次の記事

「要介護認定での認定調査票の調査項目」

前の記事

「世帯分離を利用した介護保険料を安くする方法」

参考外部リンク

「厚生労働省の要介護認定ページ」

    
コメント