要介護認定での認定調査票の調査項目

要介護認定を受ける際に、認定調査員が行う認定調査となる認定調査票の構成や項目を厚生労働省のデータから紹介します。事前にどのような調査を受けるかを把握することが介護認定で大切なポイントとなるため、知っておくと有利に要介護認定を進めることができます。


認定調査票の構成

認定調査票は、3種類の調査票から構成されています。

1. 概況調査
2. 基本調査
3. 特記事項

1. 概況調査の構成

概況調査は、以下の項目から構成されています。

1. 調査実施者(記入者)
2. 調査対象者
3. 現在受けているサービスの状況(在宅利用・施設利用)
4. 置かれている環境等(家族状況、住宅環境、傷病、既往歴等)

2. 基本調査の構成

基本調査は、以下の項目から構成されています。

第1群:身体機能・起居動作

「1-1 麻痺等の有無(左上肢、右上肢、左下肢、右下肢、その他(四肢の欠損))」
「1-2 拘縮の有無(肩関節、股関節、膝関節、その他(四肢の欠損))」
「1-3 寝返り」
「1-4 起き上がり」
「1-5 座位保持」
「1-6 両足での立位保持」
「1-7 歩行」
「1-8 立ち上がり」
「1-9 片足での立位」
「1-10 洗身」
「1-11 つめ切り」
「1-12 視力」
「1-13 聴力」

第2群:生活機能

「2-1 移乗」
「2-2 移動」
「2-3 えん下」
「2-4 食事摂取」
「2-5 排尿」
「2-6 排便」
「2-7 口腔清潔」
「2-8 洗顔」
「2-9 整髪」
「2-10 上衣の着脱」
「2-11 ズボン等の着脱」
「2-12 外出頻度」

第3群:認知機能

「3-1 意思の伝達」
「3-2 毎日の日課を理解」
「3-3 生年月日や年齢を言う」
「3-4 短期記憶」
「3-5 自分の名前を言う」
「3-6 今の季節を理解する」
「3-7 場所の理解」
「3-8 徘徊」
「3-9 外出すると戻れない」

第4群:精神・行動障害

「4-1 物を盗られたなどと被害的になる」
「4-2 作話」
「4-3 泣いたり、笑ったりして感情が不安定になる」
「4-4 昼夜の逆転がある」
「4-5 しつこく同じ話をする」
「4-6 大声をだす」
「4-7 介護に抵抗する」
「4-8 「家に帰る」等と言い落ち着きがない」
「4-9 一人で外に出たがり目が離せない」
「4-10 いろいろなものを集めたり、無断でもってくる」
「4-11 物を壊したり、衣類を破いたりする」
「4-12 ひどい物忘れ」
「4-13 意味もなく独り言や独り笑いをする」
「4-14 自分勝手に行動する」
「4-15 話がまとまらず、会話にならない」

第5群:社会生活への適応

「5-1 薬の内服」
「5-2 金銭の管理」
「5-3 日常の意思決定」
「5-4 集団への不適応」
「5-5 買い物」
「5-6 簡単な調理」

その他:過去14日間にうけた特別な医療について

【処置内容】
1. 点滴の管理
2. 中心静脈栄養
3. 透析
4. ストーマ(人工肛門)の処置
5. 酸素療法
6. レスピレーター(人工呼吸器)
7. 気管切開の処置
8. 疼痛の看護
9. 経管栄養

【特別な対応】
10. モニター測定(血圧、心拍、酸素飽和度等)
11. じょくそうの処置
12. カテーテル(コンドームカテーテル、留置カテーテル、ウロストーマ等)

能力を確認して判定する
生活を営む上で他者からどのような介助が提供されているか
障害や現象(行動)の有無

の3軸を基本にこれらの調査項目を、チェックしていきます。

3. 特記事項の構成

基本調査の項目(群)の分類に基づいて構成されています。

これらの認定調査の結果と主治医意見書によって、要介護認定の審査が行われます。事前にどのような調査があるか知っておくとよいでしょう。

次の記事

「要介護認定1次判定の仕組み」

前の記事

「介護サービスを利用するための要介護認定の流れ」

詳細外部リンク

「認定調査員テキスト(詳細な調査項目データあり)」

    
コメント