要介護認定で行われる2次判定の手順とは

要介護認定は、1次判定の結果をもとに、介護認定審査会で2次判定(最終的な審査・判定)が行われます。この2時判定はどのような手順で行われるのでしょうか?


介護認定審査会とは

介護認定審査会は市町村の附属機関です。保健・医療・福祉の学識経験者5名1組(原則)として設置され、全体の人数(組数)は市町村内の高齢者人口に応じて決められます。複数の市町村で共同設置する場合や、市町村で設置できない事情のあるときに都道府県が設置する場合もあります。

2次判定の手順

介護認定審査会での2次判定は、2次判定結果に主治医の意見書と認定調査の特記事項を加味して行われます。それでは、2次判定の手順をみていきましょう。

1. 特定疾病の確認(第2号被保険者の場合のみ)

第2号被保険者の場合、介護が必要となった状況が特定疾病によるものかどうかを確認します。特定疾病が原因となっている場合のみ要介護認定が行われます。

2. 1次判定結果の修正・確定

調査の結果が特記事項や主治医意見書と矛盾がないか確認します。

3. 介護の手間にかかる審査判定

介護の手間の多少について議論し、特記事項・主治医意見書の具体的記載から介護の手間が特別に必要と示される場合にのみ1次判定を変更します。

4. 有効期間の設定

原則となる期間の短縮・延長の必要性について検討します。

5. 介護認定審査会として付する意見の検討

全体的な状況から認定有効期間の設定を行います。このとき、「要介護状態の軽減または悪化の防止のために必要な療養についての意見」を付けることもあります。たとえば、認知症と思われる症状が起こって長く経つのに整形外科医しか受診していないことが審査会での資料からわかる場合、「認知症の確定診断と悪化防止のため、早急に専門医の診察を受けることが望ましい」などの意見を付けることがあります。

このような手順で2次判定は行われます。

次の記事

「ケアプラン作成の流れ」

前の記事

「要介護認定1次判定の仕組み」

参考本

「これならわかる<スッキリ図解>介護保険(高野龍昭)」

    
コメント