居宅介護支援(ケアマネジメント)とケアプラン作成の流れ

ケアプランとは、介護利用者が必要な介護サービスを利用するための居宅介護計画のことです。訪問介護サービスを受けるためには、ケアプランの作成が必須です。居宅介護支援(ケアマネジメント)とケアプラン作成の流れを紹介します。


居宅介護支援とは

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、居宅サービス、地域密着型サービスなど介護利用者が日常生活を送るために必要なサービスを適切に利用することができるようにするサービスです。利用者の心身状況、環境、利用者本人や家族の希望などを考慮したうえで、利用するサービスの種類や内容、これを担当する者などを定めた計画(ケアプラン)を立案します。ケアプランに基づいたサービスが提供されるように、事業者などと連絡や調整も行います。

また、利用者が地域密着型介護老人福祉施設や介護保険施設への入所を希望する場合には、施設の紹介や連絡も行います。このように、居宅介護支援を行う専門職を「介護支援専門員」といいます。

ケアプラン作成の流れ

介護サービスを受けるためには、ケアプランの作成が必須です。ケアプラン作成は、以下のように行われます。

「アセスメント→打ち合わせ→ケアプラン作成→介護サービス利用開始」

1. アセスメント

ケアマネジャーが、介護利用者のもとへ訪問し心身の状況や環境を把握します。

2. 打ち合わせ

ケアマネジャーは、介護利用者、家族、サービス提供事業者と介護利用者に必要なサービスの検討を行います。

3. ケアプラン作成

アセスメント、打ち合わせの内容を基に、利用する介護サービスの種類や回数を決めます。

4. 介護サービス利用開始

サービス提供事業者と契約し、ケアプランに基づいた介護サービスを利用することができます。

ケアプランの依頼先

ケアプランは自分で作成することもできますが、作成が難しいため居宅介護支援事業者や介護保険施設などに依頼ができます。要介護1〜5の場合は、介護支援専門員(ケアマネジャー)のいる、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)に依頼をします。要支援1〜2の場合は、地域包括支援センターに依頼をします。

ケアプラン作成は無料

ケアプラン作成を提供するサービスである居宅介護支援(ケアマネジメント)が無料で利用できるため、ケアプラン作成も無料です。

ケアプラン作成の注意点

居宅サービス利用には支給限度額が設定されています。そのため、居宅サービスを利用する場合、区分支給限度基準額を超えないようにケアプラン作成を行う必要があります。限度額を超えても、超えた費用を全額自己負担すれば利用は可能ですが、家計を圧迫するため、限度額を考えた介護プランを計画しましょう。

参考リンク

「区分支給限度基準額」

ケアプラン開始後の調整を

ケアプランが決定し、手続きが完了すると介護サービスを受けることができます。その後、居宅介護支援事業者のケアマネジャーは原則毎月1回定期訪問があります。その場合に、介護状況を共有し、不足・過剰である介護サービスを調整していきしょう。また、必要な介護は健康状況によっても変化するため、適宜ケアプランの変更などを行いましょう。

居宅介護支援サービスを利用して、ケアプラン作成を行うのが基本です。

次の記事

「「要介護認定」と「要支援認定」とは」

前の記事

「要介護認定で行われる2次判定の手順とは」

    
コメント