要介護認定(介護給付)と要支援認定(予防給付)の違い

介護保険では、要介護1〜5の場合は介護給付、要支援1〜2の場合は予防給付を受けることができます。要介護認定(介護給付)と要支援認定(予防給付)の違いについて紹介します。


要支援認定と要支援認定の違い

要介護認定を受けた場合のみ、施設サービスや地域密着型サービスの一部が利用できます。また、要介護認定のレベルによって、居宅サービスの保険給付に上限額が違います(区分支給限度基準額)。

要介護認定(介護給付)だけの介護サービス

要介護1〜5の介護給付の場合のみ、施設サービスと一部地域密着型サービスを受けることができます。

1. 施設サービス

施設サービスは、要介護認定された介護給付だけのサービスとなります。

介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

2. 地域密着型サービス

地域密着型サービスの一部は要介護認定された場合のみ利用できます。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
夜間対応型訪問介護
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
複合型サービス

共通するサービスの見分け方

要介護認定の場合の介護給付と要支援認定の予防給付で分けて考えると膨大な数の介護サービスがありますが、実は共通するサービスがあります。サービスの名前に「介護予防」というキーワードがついていれば要支援認定の予防給付のサービスとなります。例えば、

介護給付→訪問介護
予防給付→介護予防訪問介護

のように「介護予防」がついていれば、介護給付と予防給付に共通する介護サービスと考えましょう。

介護施設、24時間対応型の地域密着型サービスは、要介護状態の介護給付の場合のみ利用ができます。それ以外の介護サービスは基本的に、要支援の予防給付でも受けることができるのでケアプラン作成の際に確認するようにしましょう。

次の記事

「1割負担と全額負担に注意! 介護サービス費用の考え方」

前の記事

「「要介護認定」と「要支援認定」とは」

    
コメント