差額ベッド代を支払うケース、支払わないケース。差額ベッド代トラブルを避ける方法

病院に入院した場合、大部屋を利用することが基本です。この場合は国が定めた費用を支払うだけで構いません。ただし、大部屋以外の個室などを利用した場合別途料金が請求されます。このことを差額ベッド代と言います。患者の希望で差額ベッド代のかかる部屋に入院した場合は、100%自己負担となります。しかし、病院の都合で差額ベッド代が生じる部屋に入院した場合、差額ベッド代は支払う必要はありません。


差額ベッド代とは

病院に入院をすると、大部屋に入院するのが基本です。大部屋に入院したときの費用は国が決めており、全国どこの病院でも同じ料金で利用できます。

差額ベッド代は、患者の希望によって大部屋以外の個室を利用した場合にのみ発生します。大部屋との差額が全額自己負担で差額ベッド代の料金となります。差額ベッド代は、病院が独自に金額を決めることができるため、差額ベッド代は1日あたり数千円から数万円と料金は病院によって異なります。21万円の差額ベッド代もあるとのこと…

患者の同意なしの差額ベッド代は請求できない!

この差額ベッド代、様々なトラブルを引き起こしています。そのため、厚生労働省も、以下の条件の場合に差額ベッド代を患者に請求することを禁止しています。

1. 同意書による患者の同意確認を行っていない場合

患者の同意がなければ、基本的には差額ベッド代を請求できません。ただし、わけもわからないままに同意書にサインしてしまっては差額ベッド代を取り戻すのが難しくなります。同意書がしれーっと出てきたらきちんと差額ベッド代がかかるかどうかをチェックしましょう!

2. 治療上の必要により個室など特別な病室へ入院させた場合

手術後、「治療上の必要」により個室利用による入院が必要になった場合、病院は差額ベッド代を請求できません。

3. 院内感染の防止など、病棟管理の都合により特別な病室へ入院させた場合

インフルエンザやMRSAなどの集団感染を避ける場合などで特別な病室を使った場合も、差額ベッド代は請求できません。

差額ベッド代のトラブルを避ける方法

入院時に渡された書類の中にしれーっと差額ベッド代の同意書があったときは、きちんと確認をするようにしましょう。同意書にうっかりサインをしてしまうと、同意したとみなされ、差額ベッド代の返還トラブルに発展します。入院するときは、病院の説明はしっかりと聞き、差額ベッド代がかかる病室への入院を希望しない場合は同意書にサインをしてはいけません! 日本人はとりあえずサインしてしまう傾向がありますが、同意書=契約書と考えましょう

これで、差額ベッド代トラブルに巻き込まれることはないでしょう。もしも差額ベッド代をめぐるトラブルになってしまったら、加入している健康保険の窓口に相談をしましょう。

次の記事

「がん保険は必要? 貯金がない、家族にがんが多い場合のみ「がん保険」に加入しよう!」

前の記事

「医療保険は必要ない! 公的保険の手厚い補償と少しの貯金で医療費をカバー!」

    
コメント