上皮内がんに対するがん保険の取り扱い

上皮内がんは、すぐに治るがんです。がん保険に加入していた場合、上皮内がんになるとどのような補償を受けることができるのでしょうか?


上皮内がんとは

上皮内がんは、「上皮内新生物」「上皮内腫瘍」とも呼ばれます。上皮内がんは、上皮内にとどまって、浸潤(がん細胞が浸み込んで他細胞に広がっていくこと)をしていない状態です。手術をして上皮内がんを取ってしまえば転移の可能性はほとんどないといわれています。

上皮内がんの診断給付金

上皮内がんの扱いは保険会社によって異なります。がん保険は診断給付金が大切ですが、上皮内がんによるがん診断給付金は、通常の悪性がんより安い場合が多いです。なぜなら、上皮内がんは再発や転移の可能性がなく、すぐに治るからです。もちろん上皮内がんになっても悪性がんと同じ診断給付金が支払われる保険もあります。

上皮内がんの補償内容によって保険料は変化します。ただ、基本的にはすぐに治るのが上皮内がんです。治るがんにそこまで保険料をかける必要性は少ないでしょう。

次の記事

「がん治療の先進医療は超高額で保険適用外! まさかの医療費に備える先進医療特約!」

前の記事

「がん保険は必要? 貯金がない、家族にがんが多い場合のみ「がん保険」に加入しよう!」

    
コメント