医療保険の選び方

自分に必要な医療保険を選ぶためには、公的と民間の医療保険の違い、民間医療保険種類、補償内容、入院給付金、手術給付金など医療保険の仕組みを知ることが大切です。医療保険が自分に必要かどうかなどを踏まえた正しい医療保険の選び方を紹介します。

  • 2週間の入院が一番儲かる? 長く入院できない病院の裏事情

    急なケガや病気で入院をしました。まだ完治とはなっていないのに早めに退院を勧められるケースがあります。実は、病院は長く入院できない仕組みになっています。今回は、長く入院ができない病院の裏事情を紹介します。 入院させたくない国の医療政策 診療報酬を

  • 誰でも入れる終身保険って本当にお得? 騙されてはいけないシニアの医療保険選び

    「満50歳〜80歳までの方なら、医師の診査や告知書の提出なしで、ご加入できます」 「保険料は、お手軽な月々●●円コースから」 「安心の保障は一生涯」 これはCMでもおなじみの「無選択型終身保険」のキャッチコピーです。シニアなら誰でも加入できて、保険期

  • 国民健康保険だけの自営業者は民間医療保険に加入するのがおすすめです!

    健康保険に加入していれば、民間医療保険に入る必要はほとんどありません。しかし、民間医療保険に加入したほうがよいケースもあります。それが、国民健康保険に加入をしている自営業者の人です。 入院した時のリスク対策を 会社員が加入する健康保険には、傷病

  • 医療保険を選ぶ4つのポイント

    もしもの手術や入院に備えて、医療保険への加入を検討するときにはおさえておきたいポイントがあります。医療保険を選ぶ際に役立つ4つのポイントを紹介します。 1. 入院給付金 会社員は、健康保険などの補償もあるため入院給付金は、日額5,000円程度で

  • まじ使えない! 入院しないともらえない通院給付金

    医療保険には通院を保障する通院給付金があります。名前だけ見ると通院すれば保険金がもらえそうですよね。しかし、通院給付金は基本的には、入院をし、退院した後にしか使うことができません。入院が前提となっているのです。 退院後の通院が対象 民間医療保険

  • 医療保険は手術給付金を重視! 手術給付金の対象手術と保険金の注意点

    手術給付金は、手術をしたら受け取ることができる保険金です。入院日数はどんどん短くなっているため、手術給付金の重要性が高まっています。それでは、手術給付金について説明します。 手術給付金の対象手術は88種類 手術給付金は、どんな手術でももらえるわ

  • 入院給付金の注意点! 限度日数、免責期間、180日ルールに注意しよう!

    医療保険には、入院時に支払われる保険金として入院給付金があります。ただし、入院すればもらえるわけでないのが入院給付金の厄介なところです。契約内容の条件を満たしていないともらえると思っていた入院給付金を受けることはできません。それでは、入院給付金の注意点を紹介し

  • 平均入院日数と1日あたりの平均入院費用

    医療保険を考える上で、平均入院日数と1日あたりの平均入院費用がどれくらいなのかを知ることが大切です。それでは、平均入院日数データと1日あたりの平均入院費用を紹介します。 平均入院日数 数字の単位はすべて日数です。データは、平成23年厚生労働省の

  • 医療保険の種類は「定期」と「終身」の2つが基本

    民間医療保険には、一定期間で保障が終了する定期医療保険と保障が一生続く終身医療保険の2つがあります。日本人は終身タイプが好きなため、終身医療保険が人気となっています。それでは、定期医療保険と終身医療保険について説明します。 定期医療保険 定期医

  • 医療保険の補償内容は入院給付金と手術給付金がメイン!

    民間の医療保険に加入すると様々な保障を受けることができます。主な保障内容は、入院給付金と手術給付金です。 入院給付金 入院した場合に、入院1日につき10,000円といった形で給付金を受け取ることができます。5,000円〜10,000円の給付金を

  • 医療保険の基本。「公的」と「民間」による医療保険の違い

    テレビでよく医療保険のCMが流れています。これは民間の医療保険です。病気やケガをしたとき、保険という仕組みを使って治療費などの負担を減らしてくれるのは、公的な医療保険です。医療保険を検討する前に、「公的」と「民間」による医療保険の違いをおさえましょう。

1 / 1 1