医療保険の補償内容は入院給付金と手術給付金がメイン!

民間の医療保険に加入すると様々な保障を受けることができます。主な保障内容は、入院給付金と手術給付金です。


入院給付金

入院した場合に、入院1日につき10,000円といった形で給付金を受け取ることができます。5,000円〜10,000円の給付金を設定している保険会社が多いです。給付期間は60日、120日、180日が一般的です。ただし、入院日数は当日から支払われるタイプ、●日以降に支払われるタイプなども有ります。

手術給付金

手術を受けた場合に、1回30万円といった形で給付金を受け取ることができます。金額は、病気や手術によってさまざまです。入院日数が短くなっている傾向があるため、手術給付金の重要性は高まっています。

特約

医療保険の基本は入院給付金と手術給付金です。しかし、自分のニーズに合わせて様々な特約をつけることができます。特約により保険の範囲を広くすることができます。よくつけられる人気の特約を紹介します。

三大疾病特約

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中と診断されたとき別途保険金が支払われます。

女性特有疾病特約

子宮ガン、乳ガン、子宮筋腫など女性特有の病気にかかったときに別途保険金が支払われます。

死亡特約

死亡した場合に別途保険金が支払われます。あくまで特約のため、金額は生命保険ほど多くなく数十万円から数百万円の金額がメインです。

通院特約

退院後、病気治療のために通院をした場合に別途保険金が支払われます。1回の通院につき3,000円といった形で保険金が支払われます。現在では、入院をせずに通院により病気を治療する機会も増えているため、ニーズが高まっている特約です。ただし、手続きがめんどうです。

次の記事

「医療保険は「定期」と「終身」の2つのタイプが基本」

前の記事

「医療保険の基本。「公的」と「民間」による医療保険の違い」

    
コメント